オナニー

エロ小説

エルフは森の中でハケ水車を使ったクリ責めオナニーに勤しんでいるらしい

ある男からの手紙。彼は人目に付かない森の中、エルフが小川でハケ水車を使ってオナニーをしている現場に遭遇してしまったそうです。彼女はよほど溜まっていたのか、何度もイッて足腰が立たなくなるまで、立たなくなった後も、オナニーを続けました。
エロ小説

絶頂できない呪いをかけられた少女の電マクリ責め強制寸止めオナニー

素朴でありながら可愛らしい少女が、悪魔に呪いをかけられました。それは、悪魔の気が向いた時しか絶頂できない呪い。それから少女は、地獄のような日々を過ごします。電マをアソコに思いっ切り押し当てながらオナニーしても、すごく気持ちいいのにイケないのです。悪魔の機嫌が良い時はイカせてもらえるのですが、機嫌が良過ぎる時もそれはそれで問題のようで……。
タイトルとURLをコピーしました