エロ小説

イラスト(ショートストーリー)

快楽責めしてほしい部位を自分の体に落書きして申請するお店(電マ+乳首責め+くすぐり)

新感覚! その性感エステは体の各部位に直接マーカー記入するという、体筆申請式のお店です。『ここを気持ちよくしてほしい』と口で言うより正確な"お願い"が可能な他、体に落書きする背徳感を味わえます。触れてほしくない部位はマークしないことでしっかり避けることができますが、マークされた部位については手加減しないため、どうあっても連続絶頂地獄は避けられないようで――。
イラスト(ショートストーリー)

罰ゲーム研究部で鳥肌アクメの刑(フェザータッチ+電マ)を検証した時のこと

罰ゲーム研究部にて、えっちな罰ゲームの検証を行います。それは、指先で全身の素肌をそりそり引っかいて、無理やり鳥肌を立たせながら強制絶頂させるというものでした。しかし、まるでくすぐり責めされながらイカされるような刺激は、存外に悪くないようで――。
イラスト(ショートストーリー)

強烈なトルクのバイブで、全力抵抗している膣内を無理やりゾリゾリされるやつ

ある少女の営み。彼女はバイブを挿れられる時、全身に思いっ切り力を込めて膣を締め付けるのが好きでした。『バイブの動きを止めてしまえ』と言わんばかりに締め付けても、それを上回る力(トルク)が膣内を無遠慮にいじめてくれるのです。そして、体力を使い果たして筋肉が緩んでしまった状態でいじめられるのも、それはそれで格別の気持ちよさのようで……。
イラスト(ショートストーリー)

電気あんまを愉しむバーで少し地味だけど巨乳でえっちな女の子とマッチングした話

『あんまバー』は、お酒を嗜みながら電気あんまをし合って愉しむという、変わったお店です。軽い気持ちで行ってみた"私"は、一見すると素朴な女の子と出会います。しかし彼女は足の裏をくすぐり責めされながらアソコを踏まれると、自分で自分の乳首を弄ってしまうぐらい、電気あんまが大好きな子でした。
イラスト(ショートストーリー)

サキュバスと疑われた少女は大人のおもちゃによる皮膚非接触型の冷たい強制連続絶頂拷問を受ける

日本のとある地にて、魔女狩りならぬ淫魔狩りが横行しています。その怪しいカルト集団では、電マやディルドなどの大人のおもちゃが『サキュバス撃退機』と呼ばれていました。もしもサキュバスと疑われてしまったら、全身を拘束されて、人間であれば壊れてしまうぐらいの強制連続絶頂拷問を受けることになるのです。
イラスト(ショートストーリー)

乳首と腋の下をくすぐり続ける焦らし責めでデート前に性感を高めてくれるエステ店

そのエステ店には、乳首と腋の下をくすぐりまくることで性感を限界まで高めてくれるという、デート直前専用のコースがありました。中世の女貴族たちも利用したその手法、しかし普通の女性には少々刺激が強すぎるようで。子宮のうずきが止まらなくなるほどの焦らし責め、あなたは我慢しますか? しませんか?
イラスト(ショートストーリー)

自分のエロステータスを夫に公開して弱点をくまなく責められる妄想をしてみた

性癖や感度、思考など、自分のえっちなステータスがもしも相手に伝わってしまったら? きっと、相手は自分の好みや弱点を余すことなく責めて、たくさんイカせてくれるでしょう。これは、そんなことを思い付いてしまった、快楽嗜好者で被虐嗜好者な人妻の妄想です。
イラスト(ショートストーリー)

公園の壁に自分自身を拘束して強制連続絶頂場の行列を作っても許される世界の妄想

もしも、自分を強制絶頂に至らしめようとする人間が長蛇の列をなしていたら、人は絶望せずにいられるでしょうか。しかし、その絶望の先に、思考すら放棄した純度100%の快楽があるのです。これは、そんなちょっと危険な思想を抱いた少女の妄想。もしも衆人環視で自分自身を拘束して、電動マッサージ器と『Free Orgasm』なんて張り紙を添えてみたら――?
イラスト(ショートストーリー)

心理学の実験と称して40人の被験者に遠隔電マで強制連続絶頂させられ続ける女性の様子

人は、姿も声も認識できない相手のことを、どれだけ激しく陵辱できるのでしょうか? その心理学的実験の被験者となった女性の話。彼女は椅子に全身を縛り付けられて、股間に取り付けられた電動マッサージ器で、40人分の実験が終わるまで強制連続絶頂をさせられ続けるのです。
イラスト(ショートストーリー)

媚薬入り筆ペンを使ったクリ責めで幼なじみを無感アクメに追い込んでみた(♀×♀)

筆ペンに、墨液の代わりに媚薬を入れて、クリトリスを責めてみました。すると、筆の柔らかさと媚薬の成分が合わさって、クリトリスに触れられている感覚がほとんどないのに、連続絶頂するようになりました。
イラスト(ショートストーリー)

“NG行動”をすると罰ゲームで電マを使って強制連続絶頂させられるデート

彼とのデートで"NG行動"を取ると、最後にその回数分だけ電マでクリトリスを押しつぶされて強制絶頂させられるという女性のお話。その"NG行動"は理不尽極まりないものばかりなのですが、彼女もその罰ゲームを受けるのがまんざらではないようで……。
イラスト(ショートストーリー)

暴虐な女王から理不尽な性拷問を受ける侍女の話(乳首責め、クリ責め、くすぐり責め、クンニ、アナル舐めのフルコース)

暴君の気まぐれにより理不尽な性拷問を受けることになった侍女。全身の敏感なところをくまなくくすぐられ、乳首とクリトリスには振動するおもちゃ、前後の穴は舌でほじくられる――それは彼女が考える限り、"最も苦しい性拷問"だったのです。
イラスト(ショートストーリー)

“絶頂ゲームオフ会”のイカされ役に初参加して、死ぬほど後悔するまで連続絶頂させられた体験のこと

『絶頂ゲームオフ会』という集まりがありました。女性をたくさんイカせることを目的としており、常時『イカされ役』を募集しています。このお話は、ちょっとした性欲に負けて、死ぬほど後悔するまで電マで強制連続絶頂させられた女性からの警告です。
イラスト(ショートストーリー)

五感を奪われた状態の電マ責めによって、通常の何倍もの速度で壊される

『壊れるほどに気持ちよくなりたい』――そんな願望を抱いた少女が大人のサークルにて、完全拘束状態でどぎつい快楽責めを受けることになりました。快楽責めに使うのは電マ一つだけ。しかし五感を奪われるほどの拘束状態で快楽責めを受けると、まるで世界に自身と快楽だけがあるかのような錯覚に陥り、驚く程効率的に壊れることができるのです。
イラスト(ショートストーリー)

すまたん 素股専用ピストンマシンを自室の壁に取り付けて擦り付けオナニーに勤しむ女の子のこと

『すまたん』はご家庭の壁にも取り付けられる、素股専用のピストンマシンです。内股に挟み込むようにして跨がると、凹凸のある表面がクリトリスごと、アソコをずちずちといじめてくれるのです。
イラスト(ショートストーリー)

機械触手を呼び出す異能を得た少女は、自分の乳首とクリトリスを弄らせることしか興味がない

異能と魔物がはびこる現代世界にて、機械を操る能力を得た少女が一人遊びに更けるお話。本来戦いで使われるはずの機械触手の先端は爪のように鋭く、しかしそれで乳首やクリトリスを優しく引っかくと、腰が浮くような鋭いぞくぞくが、性感帯の芯にまで響いてくるのです。
イラスト(ショートストーリー)

アクメダイエットマシン 電マ+全身くすぐり責めで痩せる機械

女性専用フィットネスルームに新設されたアクメダイエットマシン。機械姦によるアクメで発生するカロリー消費を利用したものです。しかし、時間と強度の設定にはご注意ください。自分の敏感さを知らず長時間のHARDモードなんて設定したら、常人なら30秒でギブアップするほどの快感に悶え苦しみ続けることになるのですから――。
イラスト(ショートストーリー)

“自縛オナニー”と”バイブINパンツ”で、初めての後悔アクメをキメる女の子のこと

その女の子は、独り遊びでイッた時、体が勝手に刺激から遠ざかってしまうのが気に入らなかったようです。彼女はタイマー式の南京錠とバイブを使った自縛オナニーによって、後悔の中で知ることになります。体が快楽から逃げるのは、一種の防衛反応だということ。そして快楽から逃げられないというのは、死にたくなるほどつらいということを。
イラスト(ショートストーリー)

みんなのローション犬 いつの間にか四つんばいの姿勢で男たちに集団愛撫されていて

◆あらすじ ある女性の調教の始まり。睡眠薬で眠らされた彼女はいつの間にか裸で、ローション塗れにされて、たくさんの男性になで回されていて――。四つんばいのままへっへと鼻を鳴らす姿は、まるで雌犬のようでした。 始まりは、バーで独りお酒を飲んでい...
イラスト(ショートストーリー)

巨大な上位存在にクリトリスを歯ブラシで磨かれ毎晩のように強制絶頂させられ続ける生活

人間よりも格の高い超常的な存在を、『上位存在』と呼びます。もしも、そんな彼ら(彼女ら?)に人間が飼われることになったらどうなるでしょう? きっと労働なんてなくなり、ご飯やお風呂も全部お世話され、そして毎晩のように歯ブラシでクリトリスを"ブラッシング"されて、嫌々連続絶頂させられてから眠ることになるのでしょう。