イラスト(ショートストーリー)

テレビゲームで1回ミスするたびに1回電マで強制絶頂させられる罰ゲーム

あるカップルのお話。テレビゲームで残機を一つ失うたびに、1回イカされるという罰ゲーム。何回もイカされ、脳も指も正常な動作ができなくなって、ミスが重なり、ゲームオーバーになってしまうと、"本当の罰ゲーム"が始まります。しかし、そんな理不尽なルールが、彼女にとってはまんざらでもないようで。
イラスト(ショートストーリー)

絶頂ガチャ ~1回300円でランダムに出てくる大人のおもちゃに強制絶頂させられる~

カプセルから出てくる大人のおもちゃ(の引換券)を使って、磔にされている女性をイカせよう! そんな『大人のホビーショップ』を偶然見つけた女性のお話。興味本位でイカされ役になったら最後、大人の財力に物を言わせてガチャガチャが大量に回されていく光景に、彼女は頬を引きつらせ、結局抵抗できない全身で後悔アクメをキメることしかできないのでした。
イラスト(ショートストーリー)

私の理想『毎晩泣き叫び気絶してしまうぐらい夫に強制連続絶頂させられる生活』を語ります。

ある女性が、理想の生活を語ります。それは自宅の防音室で、毎晩のように泣き叫ぶほどパートナーにイカされ続ける毎日。敏感なアソコに電マを押し当てられ続け、死んでしまうぐらい気持ちよくされ、懇願と謝罪の言葉を吐き散らしても、イカせるのが大好きな彼は、自分を無理やりイカせるのを止めてはくれないのです。
イラスト(ショートストーリー)

電マで体外式ポルチオマッサージとクリ責めを同時に行ってくれる道具を作っちゃった話

よりよいオナニーのために知恵を振り絞っちゃった話。ホームセンターでも売られている板材や角材を組み合わせて作ったのは、2本の電マでポルチオとクリトリスを同時に責めてくれるハンドルでした。
イラスト(ショートストーリー)

新型発電システムの生体ユニットとして毎日のように連続絶頂しなければならないお仕事

絶頂時に発生するエネルギーを利用した発電システムで働く女性のお話。あくまでも自主性を重んじるこの職場では、女性は好きな方法、好きなペースでイクことができます。しかし、終業時間までに1日のノルマに達していないと一転、世話人によって強制絶頂させられることに――。
イラスト(ショートストーリー)

お尻フェチの彼に尻肉くすぐり電マ責めで自分もお尻フェチにされちゃった女の子のこと

『お尻が好き』――そう言われると、女性としては少々身構えるものがあります。なぜなら、アナルに何かを挿入するというのは、シンプルに恐いから。しかし、お尻の愉しみ方は挿入だけではありません。彼にお尻の肉がばかになってしまうぐらいこちょこちょされて、そのゾクゾク感のとりこにされてしまった女の子のお話。
エロ小説

強制絶頂専門の女性同人作家とオフで愛ある泣き叫び電マ連続絶頂セックスをする話

"つゆり"という同人小説家がいました。彼女が描く作品は、女性を徹底的に性的快感でいじめる激しいものばかり。"僕"はそんな彼女の作品と、その作品からは少しギャップのある彼女自身に引かれていきます。率直な性格だけど、どこか恥ずかしがり屋で素直ではないところもある――そんなちょっと面倒くさいところがあるつゆりに、まるで彼女が描く作品と同じ強制連続絶頂地獄を味わわせる、激しくもどこか初々しい物語。
イラスト(ショートストーリー)

ラブホの電マ台で愛情ホルモンたっぷりのハグイキをする百合ップルたちのこと

電マ台――それは電マを直立に固定するだけの器具ですが、ハンズフリーかつ直立姿勢で気持ちよくなるのになかなか都合が良いようです。さらに、膝ががくがくと震えて今にも倒れてしまいそうな体をパートナーに支えてもらうと、密着感によって格別の幸福感が得られるようで。そんなハグイキを楽しむレズビアンな女性たちのお話。
イラスト(ショートストーリー)

快楽責めしてほしい部位を自分の体に落書きして申請するお店(電マ+乳首責め+くすぐり)

新感覚! その性感エステは体の各部位に直接マーカー記入するという、体筆申請式のお店です。『ここを気持ちよくしてほしい』と口で言うより正確な"お願い"が可能な他、体に落書きする背徳感を味わえます。触れてほしくない部位はマークしないことでしっかり避けることができますが、マークされた部位については手加減しないため、どうあっても連続絶頂地獄は避けられないようで――。
イラスト(ショートストーリー)

罰ゲーム研究部で鳥肌アクメの刑(フェザータッチ+電マ)を検証した時のこと

罰ゲーム研究部にて、えっちな罰ゲームの検証を行います。それは、指先で全身の素肌をそりそり引っかいて、無理やり鳥肌を立たせながら強制絶頂させるというものでした。しかし、まるでくすぐり責めされながらイカされるような刺激は、存外に悪くないようで――。