拘束

エロ小説

AV女優が足裏くすぐりビデオの撮影であへあへと連続絶頂するお話

新人AV女優『あいり』がお仕事に向かった先は、足の裏くすぐり責めの撮影でした。足裏の1番くすぐったい部位をローション付きで激しくくすぐられて、最初は思わずスタッフを罵倒するほど辛かった彼女。しかし乳首・クリ責めでイカされると、体の感覚がおかしくなってゆきます。やがてくすぐったさを快楽と認識し始めてしまって……。
エロ小説

ふたなり魔法少女が懇願するまでオナホで寸止めを繰り返してから搾精する

魔法少女は、魔力を精液に宿す都合で全員がふたなりでした。そんな魔法少女の1人『ひかり』が敵の女幹部に徹底的に搾精されてしまいます。魔力を空っぽにするための機械姦、電動のオナホールでおちんちんをしごかれると、いけないことのはずなのにどんどん気持ちよくなってしまいます。だけど射精する直前で……?
エロ小説

腋の下性感開発フルコース。巨乳の女友達が重度の腋フェチだと知って……

女友達が重度の腋フェチであることを知ってしまい、SMホテルに付き合わされるお話。巨乳で肉感的な彼女は普段とても明るいのですが、いざプレイになるとしおらしくなってしまうようで。そんなギャップのある彼女の希望で、腋の下を使ったプレイをフルコースです。拘束してくすぐり→腋コキ→背面座位+両手拘束+ローションヌルヌルの恥ずかしい状態で腋の下を……。
エロ小説

くすぐり屋さん『下半身まるごとアクメコース』体験記 by18歳少女

『くすぐり屋さん』は体をこちょこちょくすぐることで女の子をイカせるお店です。これはお店の人気メニュー『下半身まるごとアクメコース』を体験した少女のお話。体も性感も未熟な彼女は、足の裏からアソコ・お尻までを一斉にくすぐられてイッてしまい、くすぐりアクメに夢中になってしまったようです。
エロ小説

クリトリスクリニックでは泣き叫ぶ程の一点集中快楽責めで少女の欲求不満を解消します?

欲求不満に悩む少女がクリトリスクリニックで"治療"に励みます。若く優しい男性医師が行った施術は、四肢を拘束して股を開いた状態での振動クリ責め。胸を揉むことも膣に挿入することもない一点集中の快楽責めで泣き叫ぶほどイかされて、果たして彼女は欲求不満を解消できるのでしょうか?
エロ小説

壁尻喫茶 – 素朴な美少女の桃尻アナルをほじほじしながらエッチする

壁尻喫茶の壁に埋め込まれているのは本物の女性のお尻です。そのお店ではアナルを羽根でくすぐったり、バイブでほじほじしたり、膣にイチモツを突っ込んだりして、コーヒーを飲みながら心ゆくまで壁尻を愉しむことができます。その日の相手は小ぶりでつるつるの桃尻、素朴でおっとりした雰囲気の美少女のお尻でした。
エロ小説

アクメ個室初体験記 ~人妻に大人気の機械による強制連続絶頂フルコース~

欲求不満気味の人妻『私』が機械に強制連続絶頂させられるお話です。ご近所さんに誘われて行ったのは、今主婦の間で人気のアクメ個室でした。トイレのような狭い個室の中で拘束されて、クリトリス・おまんこ・アナル・乳首の性感帯を電マやバイブで責め尽くされて、思わず泣いて悦んでしまうほどイかされてしまいます。
エロ小説

ショタ奴隷が巨乳お嬢様とメイド達からドロドロにくすぐり犯されるまで

巨乳で優しそうな雰囲気のお嬢様は、実は可愛い男の子をくすぐって犯すのが大好きでした。奴隷として買われた男の子が、拘束椅子の上でくすぐったい腋の下やなぜか気持ち良くなってしまう足の裏などを思いっきりこちょこちょされて、心がドロドロに蕩けるまで犯されてしまいます。
エロ小説

オフパコ連続絶頂地獄。清純派女の子は真性ドMな拘束フェチの同人サークル主

オフ会で1人の女の子と出会います。一見清純派で引っ込み思案な彼女は、実はハードな拘束と快楽責めで有名な同人サークル主でした。『どんなに私がイッても、泣き叫んでも、お漏らししても。タイマーが鳴るまでイかせるのを絶対に止めないでください』。
エロ小説

24歳OLがスパンキング+アナルファックでお尻を陵辱調教された体験記

女性がある日突然連れ去られて陵辱された時の記録です。身動きが取れず、目隠しと口枷を付けられて何もできない中、ひたすらお尻だけを責められます。最初こそ痛みと不快感しかなかった彼女でしたが、調教が進む内にスパンキングとアナルファックだけで絶頂を繰り返してしまうことになります。
エロ小説

村娘が小型魔物ぽちすい虫に乳首とクリトリスを責められて連続絶頂

ぽちすい虫は女性の乳首やクリトリスに貼り付く、粘液体の小さな魔物です。運悪くその被害に遭ったのは村娘のフィー。ぽちすい虫を無理やり剥がすために、彼女は一晩中乳首とクリトリスを責められることに。吸引と振動、指という三者三様の快感が、彼女を何度も絶頂させます。
タイトルとURLをコピーしました