機械姦

エロ小説

子宮を徹底的に甘やかすバイブ椅子。体外式ポルチオマッサージを添えて

リモートワークに最適な、バイブ付きの椅子(欠陥品)が発売されました。この椅子の凄いところは、女性のポルチオを『とんとん』と優しく、それでも徹底的に責め続けることです。今回の使用者は『かおり』。彼女はバイブとマジックハンドによる徹底したポルチオ責めを受けて、仕事なんて手に付かなくなるほど甘い子宮イキを味わい続けます。
エロ小説

絶頂ボタンが突然現れたら。不可解な機械で強制連続絶頂させられる少女。

ある日、少女『綾瀬 真』の目の前に『押すとイッちゃうボタン』が現れました。それは押すだけで、まるでクリトリスを甘く潰されるような絶頂感が走るという、極めて不可解なボタンでした。そんな恐ろしい機械をクローゼットの奥に封印することにした綾瀬。しかし後日、自宅に招いた(少しレズっ気のある)クラスメイトの『あまね』に見つかって……。
エロ小説

性奴隷候補となった少女の催眠調教模様。性感開発→機械姦による連続絶頂で快楽堕ちするまで

自分の知らない内に性奴隷として調教対象にされていた『みつき』、その手法は催眠術を用いたものでした。既に催眠にかけられていた彼女は下校中、無意識の内に調教士の元へと赴いてしまいます。その後は、自分の意思に反して興奮させられたり、体の感度を変えられたり、体を無理やり動かされたり……。みつきはさまざまな催眠術を駆使して、性奴隷として調教されてゆくのです。
エロ小説

視聴者参加型クリ責めライブチャットで、アソコを滅茶苦茶にされて悦ぶ少女の話

そのライブチャットは、少女の下半身だけを映したものでした。どんな道具で少女のアソコを責めるか――ユーザーが『投票』するごとに機械でできた椅子が作動し、少女を快感で苛めてゆきます。そして視聴者が『課金』するごとに、少女は下着を剥ぎ取られ、拘束され、果ては視聴者による遠隔操作でクリトリスを弄くられるようになって……。
エロ小説

エロ蹲踞したままインテリアになって悪戯を受けるバイトで、ピストンバイブのお仕置きを受けるまで

ほのかが受けたバイトは、お金持ちのお家でインテリアになるお仕事でした。膝をみっともなく開いてしゃがみ込んだ姿勢で居ることを強いられた彼女。ただそれだけでも恥ずかしくて辛いというのに、そのお家のお嬢さまがそんなほのかの股間にローターを貼り付けてきて……。
エロ小説

女の子を機械に繋いで放置プレイした時の観察記録 ~快楽責め、くすぐり、何もしない、三者三様の反応について~

女の子3人を機械姦で放置してみました。1人は乳首とクリトリスでひたすら気持ちよくさせられ、1人は全身をひたすらくすぐり回され、1人は恥ずかしい格好のまま何もされない――すると3人はそれぞれ違った反応を見せてくれるのです。
エロ小説

常識改変した女子校では生徒の定期的な性欲処理が義務付けられます

『校内でムラムラしたらその場で直ちに性欲処理すること』――そんな校則が当たり前となった、ある女子校のお話。そこに通う女の子たちは、授業中であろうとおもちゃを取り出して、当たり前のようにオナニーを始めてしまうのです。さらにその学校には『性欲処理委員会』『性欲処理室』なんていうのもあって……。
エロ小説

時間停止&機械姦で激イキを愉しめる時姦ボックス 3人の体験記

時間を停止して機械に気持ちいいことをしてもらう『時姦ボックス』のレポート。数十分の乳首責め・クリ責めの快楽を一瞬に凝縮したり、反対に激しいくすぐり責めのくすぐったさを半日に引き延ばしたり、一方で何度も時間停止を繰り返して連続でイカされたり……。女性たちはさまざまな使い方で時間停止&機械姦プレイを楽しんでいるようです。
エロ小説

ふたなり魔法少女が懇願するまでオナホで寸止めを繰り返してから搾精する

魔法少女は、魔力を精液に宿す都合で全員がふたなりでした。そんな魔法少女の1人『ひかり』が敵の女幹部に徹底的に搾精されてしまいます。魔力を空っぽにするための機械姦、電動のオナホールでおちんちんをしごかれると、いけないことのはずなのにどんどん気持ちよくなってしまいます。だけど射精する直前で……?
エロ小説

潮吹きマッサージチェアのレビュー ☆5 最後の一滴まで搾り尽くす容赦ない機械姦がすごいです

潮吹き機能が搭載されたマッサージチェアを使ってみた時のレビューです。先輩に騙されて実際に使わされたのは19歳の女の子。いかがわしい製品だと知った時には既に遅し、手足を拘束されて、Gスポットとクリトリスを徹底的に責められ、床がびしょびしょになるまで潮吹き絶頂してしまいます。
エロ小説

6時間ぶっ続けのクリ責め連続絶頂。クリトリス販売サービスで働く女の子の1日

ネットでクリトリスを売る通称『栗売り』で、女の子がお金を稼ぎます。料金が支払われるや否や、2つの機械を通した遠隔操作でクリトリス弄りがスタート。名前も顔も知らない相手に指で触られ、舌で舐められ、得体の知れない何かにいじめられ、何度もイかされてしまいます。
エロ小説

アクメ個室初体験記 ~人妻に大人気の機械による強制連続絶頂フルコース~

欲求不満気味の人妻『私』が機械に強制連続絶頂させられるお話です。ご近所さんに誘われて行ったのは、今主婦の間で人気のアクメ個室でした。トイレのような狭い個室の中で拘束されて、クリトリス・おまんこ・アナル・乳首の性感帯を電マやバイブで責め尽くされて、思わず泣いて悦んでしまうほどイかされてしまいます。
タイトルとURLをコピーしました