くすぐり

電気あんま・足の裏くすぐりエロ小説

eRoid 多腕アンドロイドによる足裏くすぐり+電気あんま

eRoidはエッチな使い方に特化したカスタムアンドロイドです。少女が使う『彼女』は、4本の腕を持っています。2本の腕で少女の足首を掴み、残りの2本の腕で足の裏をくすぐり責めするのに最適な構成です。少女は電気あんまで股間を踏みしだかれながら足の裏をくすぐられるのがとても大好きでした。

腋の下・くすぐりエロ小説

腋の下性感開発フルコース。巨乳の女友達が重度の腋フェチだと知って……

女友達が重度の腋フェチであることを知ってしまい、SMホテルに付き合わされるお話。巨乳で肉感的な彼女は普段とても明るいのですが、いざプレイになるとしおらしくなってしまうようで。そんなギャップのある彼女の希望で、腋の下を使ったプレイをフルコースです。拘束してくすぐり→腋コキ→背面座位+両手拘束+ローションヌルヌルの恥ずかしい状態で腋の下を……。

エロ小説

くすぐり屋さん『下半身まるごとアクメコース』体験記 by18歳少女

『くすぐり屋さん』は体をこちょこちょくすぐることで女の子をイカせるお店です。これはお店の人気メニュー『下半身まるごとアクメコース』を体験した少女のお話。体も性感も未熟な彼女は、足の裏からアソコ・お尻までを一斉にくすぐられてイッてしまい、くすぐりアクメに夢中になってしまったようです。

ミニ診察台エロ小説

ショタ奴隷が巨乳お嬢様とメイド達からドロドロにくすぐり犯されるまで

巨乳で優しそうな雰囲気のお嬢様は、実は可愛い男の子をくすぐって犯すのが大好きでした。奴隷として買われた男の子が、拘束椅子の上でくすぐったい腋の下やなぜか気持ち良くなってしまう足の裏などを思いっきりこちょこちょされて、心がドロドロに蕩けるまで犯されてしまいます。

ラヴグローブエロ小説

挿れない触手でくすぐり調教。処女のまま全身の性感を開発される奴隷少女

奴隷となった少女”灰色”が調教師の男に調教されます。『処女のまま全身の性感を極限まで開発しろ』と命じられた男が利用したのは、ブラシのように無数の毛が生えた触手。灰色は乳首とクリトリスを責められて、全身をくすぐられて、純血のまま全身でイクことができる性奴隷へと成り果ててしまいます。