SF

ファンタスティック・バイブレーション・グローブエロ小説

暴走したセクサロイド集団によるレズレイプ、振動する指で全身を愛撫されて

人工知能が人類に牙を向く時代、カエデが襲われたのは無数のセクサロイドでした。彼女たちの手はサラサラしていて撫でられると心地良いのに、さらに指がローターのようにブルブルと振動するのです。カエデはそんな官能的な手に全身を撫で回されて、泣こうが叫ぼうが何度も絶頂させられてしまいます。