足コキ

エロ小説

媚薬に冒されて足裏が性感帯になった姉妹と足フェチエッチ三昧する話

冒険者の少女姉妹が、沼地に群生する薬草に足を冒されてしまいました。足を踏みしめるだけで感じてしまう姿に思わず欲情してしまう『僕』。3人は足コキ、電気あんま、足の裏くすぐり、足舐めなど、足を使ったさまざまなプレイで欲求を解消してゆきます。
タイトルとURLをコピーしました