背面座位

エロ小説

背面座位+クリ責めでこたつから一生出られなくなるぐだぐだセックス

ある夫婦の怠惰なセックスの様子です。寒いからと、こたつから出ずにそのまま背面座位。妻が挿入したまま腰を動かさずにのんびりくつろいでいると、旦那の手がクリトリスをいじくってきます。そのセックスは純情さのかけらもないだらだらしたものではありますが、快感は本物のようです。
タイトルとURLをコピーしました