射精管理

エロ小説

射禁病院でナースのお姉さんに射精管理され続けたショタの30日間

『射禁病院』では、男の子の性機能を強化するために射精管理が義務付けられます。貞操帯を着けられた上で、えっちな性教育の勉強をしたり、ナースに全身をなで回されたり、貞操帯が着いたままフェラチオをされたり。最後の『試験』の日まで、たっぷりとおちんちんに精液を溜め込む生活を送ります。
エロ小説

貞操帯による射精管理、後に搾精。慈愛に満ちた後輩女子の麻薬のような愛情

男の子が後輩の女子に犯されます。清楚でおっとりしているかと思いきや、その本性は倒錯した性癖とドロドロに蕩けた愛情を持つ彼女。今日は男の子が貞操帯を着けられてから3週間目、散々焦らされた後に気絶するまで搾り取られます。これも全て、彼女が彼を狂おしいほど愛しているが故の行動です。
タイトルとURLをコピーしました