ソープ(お風呂)

エロ小説

触手風呂と人妻と全身性感帯 ◆車で行くのにちょうどいい近郊にあるスーパー銭湯みたいな触手風呂屋さん

女友達に誘われて、既婚者である『私』は触手風呂に行くことになりました。生まれて初めて見る触手に怖じ気づいてしまう彼女。そんな彼女でも何とか入れそうだと思ったのが、小さな浴槽に1人で入れる『壺風呂』でした。しかし壺のお風呂は触手風呂の中でも特に強烈なようで、彼女は全身が性感帯になるまで気持ちよくさせられてしまうのです。
エロ小説

レズサー乱交ソープ、ローションまみれの集団愛撫で全身ぞくぞく

小動物系の女の子がソープごっこをします。最初こそ知らずの内に入ってしまったレズビアン限定のヤリサーでしたが、エッチの虜になって何だかんだ居残っている彼女。今日の活動ではローションでぬるぬるになった全身を大勢の人に余すことなく撫で回されて、頭がおかしくなっちゃうぐらいぞくぞくさせられてしまいます。
タイトルとURLをコピーしました