お知らせ

(2024/06/07)新しい小説短編集が出ました

連続絶頂オムニバス2406号紹介画像

連続絶頂オムニバス 2406号

770円(税込)

おものべの作品の中から、特に人気の作品をリブートしました。
①同人作家との愛ある強制絶頂セックス ②悪意たっぷりの立ち電マ我慢ゲーム ③アクメ個室で機械責め ④くすぐり責めで性感破壊プログラム ⑤クリボックス販売サービス

サンプルを見る

DLsiteで購入する

DLsiteで他の電子書籍を見る

スポンサーリンク
イラスト(ショートストーリー)

絶頂ガチャ ~1回300円でランダムに出てくる大人のおもちゃに強制絶頂させられる~

⏱このページは2分ぐらいで読めます


◆あらすじ

カプセルから出てくる大人のおもちゃ(の引換券)を使って、磔にされている女性をイカせよう! そんな『大人のホビーショップ』を偶然見つけた女性のお話。興味本位でイカされ役になったら最後、大人の財力に物を言わせてガチャガチャが大量に回されていく光景に、彼女は頬を引きつらせ、結局抵抗できない全身で後悔アクメをキメることしかできないのでした。

 

『大人のホビーショップ』なるお店があった。

雑多とした繁華街の裏手でそんな看板を見たとき、の脳裏に浮かんだのは、年代物のプラモデルとか、昔人気だったアニメのフィギュアとか、CMでよく見たあのおもちゃとか。バトル○ームとか、サイクロン○グナムとか、トライ○オとか。

私は別に、そこまでホビーグッズを買い漁るほど興味があるわけではない。だけど、ちょっと中をのぞいていくのも悪くはないと思ったんだ。

 

絶頂ガチャ ~1回300円でランダムに出てくる大人のおもちゃに強制絶頂させられる~

 

……どうしてこうなった?

「あー。このガチャガチャっていう感触、久々だなー!」
「昔は一つ回すのに、全精神を注いだものだよ。子どもにとって300円は大金でねぇ」
「最近はゲームのガチャばかりだけど、たまにはこういうのもいいですね」

素っ裸で磔にされている私をよそに、いい年した大人たちがカプセルトイを回している。

 

『大人のホビーショップ』なるお店は、まっとうなホビーショップではなかった。かと言って、『大人のおもちゃ屋』というわけでもない。昔を懐かしみながら、実にに興じる、ふざけたお店。

じゃあどうして、私は自分が磔にされることをよしとしたって? だって、ちょっと面白そうだなって思っちゃったんだもん! 無料で気持ちよくしてくれるって思ったら、ね!?

だけど、私は自分の認識が甘かったことをすぐに悟る。

「いやぁ、つい楽しくて10回も回しちゃったなぁ」
「私も。全部のガチャガチャを制覇しちゃいましたよ」
「それじゃあ、早速してみようか」

目の前にいる大人たちがカプセルトイを回す回数を数えていた私は、すぐに両手の指で数え切れなくなって、胸の鼓動を速くさせる。

そしてたくさんの道具が私に近づいてくるとき、私は思うのだった。

――ああ、こんなお店、入るんじゃなかった。

 

絶頂ガチャ ~1回300円でランダムに出てくる大人のおもちゃに強制絶頂させられる~_おまけ

SNSやブログなどでシェアしていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました