お知らせ(2024/06/07)

新しい小説短編集が出ました。文字数は11万字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム挿絵が16枚あります(うち、アダルトは15枚)。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

連続絶頂オムニバス2406号紹介画像

連続絶頂オムニバス 2406号

770円(税込)

おものべの作品の中から、特に人気の作品をリブートしました。
①同人作家との愛ある強制絶頂セックス ②悪意たっぷりの立ち電マ我慢ゲーム ③アクメ個室で機械責め ④くすぐり責めで性感破壊プログラム ⑤クリボックス販売サービス
※続編や加筆・修正といったものではなく、オリジナルの要素を残しつつ視点を変えて一から作り直したものです。オリジナルをご覧になった方でも、そうでない方でも楽しめるかと思います。

サンプルを見る

DLsiteで購入する

 

イラスト(ショートストーリー)

お尻フェチの彼に尻肉くすぐり電マ責めで自分もお尻フェチにされちゃった女の子のこと

※当サイトにはプロモーションが含まれるページがあります。

⏱このページは3分ぐらいで読めます


◆あらすじ

『お尻が好き』――そう言われると、女性としては少々身構えるものがあります。なぜなら、アナルに何かを挿入するというのは、シンプルに恐いから。しかし、お尻の愉しみ方は挿入だけではありません。彼にお尻の肉がばかになってしまうぐらいこちょこちょされて、そのゾクゾク感のとりこにされてしまった女の子のお話。

 

私はについては、それほどお堅い人間ではないと思っています。

気持ちいいことは好きですし、それが愛する彼との行為ならなおさら。それでも、『無理なプレイ』というものは存在するものです。世の中にはいろいろな趣味の人がいて、その一々に反論はできません。だけど、私の中で『無理なプレイ』の最たるものがだったのです。

難しい理由なんてありません。だって、なんて、普通は考えられないでしょう? 絶対に痛いじゃないですか。だけど、そういう本とか動画では、さも当然のようにシているのですから信じられません。この恐怖と嫌悪は、世の少なくない女性が抱いている感覚だと思います。

だけど、私は知ることになります――。

 

お尻フェチの彼に尻肉くすぐり電マ責めで自分もお尻フェチにされちゃった女の子のこと

 

「ぅへひっ、ひひひひひひひひひぃぃぃぃぃいっ♡♡♡♡ すごっ、鳥肌っ、とまらなぁぁっひゃっははははははははぁぁぁぁぁぁぁあああっ♡♡♡♡ 癖になるぅぅぅぅぅううううううううううううっ♡♡♡♡」

ほんの少しだけ爪が飛び出た指先が、お尻の肉をそりそりと引っかいていきます。癖になりそうなぞくぞくが、子宮にまで響いてくるようです。

お尻の穴がひくひくしている――そんな自覚があってものすごく恥ずかしいのですけど、私は気持ちよさに抗うことができません。

そうしていたら、です。彼が、私のお尻の穴をつんとつついたのです。

「ひ――ッ」

人間の体の中で、きっと最も恥ずかしく、最も敏感な部位を触れられて、私の体がぎゅうぎゅうに緊張します。だけど、次の瞬間のことでした。

こちょこちょこちょこちょ――!!!

「ぉほっほぉぉぉぉぉおおおおお――!!!!? ひゃはっ、ひゃはっははははははははほぉぉぉお~~~~~~~~~~~~~~~~ッ♡♡♡♡ ぉほぉぉぉおお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

なんと彼は、お尻の穴に指を挿れることもなく、指先でお尻の穴の入り口をくすぐり始めたのです。お尻をこちょこちょされるのは気持ちいい――そんな風に分からされていた今の私には、本当にだめでした。

「ぉ゙っぉぉぉお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ほひゃっ♡♡♡♡♡ ッ゙~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ほぉ゙~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

私はものすごく恥ずかしい声を上げながら、思いっ切りイッてしまいます。1番敏感な場所からやってくるぞくぞくが、子宮をきゅうきゅうとうずかせたのです。

 

『お尻をされるの、嫌い?』――彼がそう聞いてきます。私はイキ狂いながら、みっともなく答えました。

「すきっ、好きぃぃぃぃっひっひひひひひひひひひひひひひひひぃぃぃぃいいっ♡♡♡♡♡ お尻っ、好きっ♡♡♡♡♡ だいすきぃぃぃっひひひひひひぃぃぃいいい~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

今でも、お尻は恐い。お尻の中に何かを挿れるなんて、絶対に痛いじゃないですか。だけど、これは好き――♡

「ぇへっひひひひひひぃぃぃぃぃぃぃいいっ♡♡♡♡♡ もっとこちょこちょしへっ♡♡♡♡♡ おしり全部鳥肌まみれにしへぇぇっへへへへへへへへひゃぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ っぉ゙ぁぁぁぁぁああ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ♡♡♡♡♡」

彼は紳士的で、だけど情熱的でした。私は大きなお尻の表面を余すことなく――もうぞくぞくしないところなんて一片もなくなってしまうぐらい、お尻の肉も、太ももとの境目も、そしてお尻の穴の入り口も、たっぷりたっぷりくすぐってもらうのでした。