お知らせ(2024/06/07)

新しい小説短編集が出ました。文字数は11万字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム挿絵が16枚あります(うち、アダルトは15枚)。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

連続絶頂オムニバス2406号紹介画像

連続絶頂オムニバス 2406号

770円(税込)

おものべの作品の中から、特に人気の作品をリブートしました。
①同人作家との愛ある強制絶頂セックス ②悪意たっぷりの立ち電マ我慢ゲーム ③アクメ個室で機械責め ④くすぐり責めで性感破壊プログラム ⑤クリボックス販売サービス
※続編や加筆・修正といったものではなく、オリジナルの要素を残しつつ視点を変えて一から作り直したものです。オリジナルをご覧になった方でも、そうでない方でも楽しめるかと思います。

サンプルを見る

DLsiteで購入する

 

イラスト(ショートストーリー)

巨大な上位存在にクリトリスを歯ブラシで磨かれ毎晩のように強制絶頂させられ続ける生活

※当サイトにはプロモーションが含まれるページがあります。

⏱このページは3分ぐらいで読めます


◆あらすじ

人間よりも格の高い超常的な存在を、『上位存在』と呼びます。もしも、そんな彼ら(彼女ら?)に人間が飼われることになったらどうなるでしょう? きっと労働なんてなくなり、ご飯やお風呂も全部お世話され、そして毎晩のように歯ブラシでクリトリスを”ブラッシング”されて、嫌々連続絶頂させられてから眠ることになるのでしょう。

 

09:00 起床、それと同時に朝食

この遅い時間に起きるのもずいぶんと慣れた。仕事があった頃なら、『遅刻だ!』と大声で叫んでいただろう。

差し出された朝食は、見るからに栄養豊富そうなシリアルとミルク。まずくはないけど、少し味気ない。

頭上からに見られている。

 

10:00 自由時間

私に仕事なんてない。

ここには本も、テレビも、ゲームも、何でもある。好きな時に好きなことをやる。何もせず惰眠をむさぼっていてもいい。

どんなことをしていても、頭上で見守るは全てを肯定してくれる。

 

13:00 昼食

シリアルとミルク。朝食とはちょっとだけ味が違う。

私の食事はこればかりだけど、体に不調がないところを見る限り、やっぱり栄養は豊富らしい。食に頓着しないなら、不満はないだろう。

頭上からに見られている。

 

14:00 お昼寝

食べてすぐに眠るなんて、まるで子どもみたいだ。

この時間は1日の中で1番幸せ。

だけど頭上からに見られていて、ほんの少しだけ寝にくい。

 

15:00 運動

私は『やるか』と一気合入れて飛び起きる。

腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワット、その場でジョギング。狭い部屋でもできる思い付く限りの運動をやっていく。

頭上からに見られている。どうやら彼(それとも彼女?)には、この行動の意味が分からないらしい。人間というのは、たまに動かないと太るんだ。

 

16:00 自由時間

運動が終わったら、また気ままに過ごす。

体の火照りが覚めていくと同時に、段々と心の中に影が差していく。

そろそろ日が暮れる。仕事をしていた時も、休日の夜は憂鬱だった。だけど、あの時とはが違う。

頭上からに見られている。

 

19:00 夕食

シリアルとミルク。それと何かの肉のようなもの。

夕食はいつも、少し豪勢だ。

私の心の中をむしばむ影は晴れない。

は変わらず、私のことを見守っている。

 

20:00 お風呂

私は湯船に浸かる。

頭上からに見られている。裸を見られるのは恥ずかしい。

だけどそれ以上の影が、私を苛んでいる。

もうすぐ、あの時間が訪れる。

 

21:00 そして

 

巨大な上位存在にクリトリスを歯ブラシで磨かれ毎晩のように強制絶頂させられ続ける生活

が歯ブラシで私の股間を磨き続ける。

しなる線維が秘所をほじくり、クリトリスを弾き続ける。私が悲鳴を上げてしまうほどの鋭い刺激が、だけど徐々に体になじんでいき、私を何度も絶頂させる。こんなにも大きな体で、本当に絶妙な力加減。

私は何度も『やめて!』と叫ぶ。だけどは私の言うことをちっとも理解してくれない。私の腕ほどの太さがある5本指が私の胴体をがっちりと押さえ付けて放さない。私が叫ぶたびに、体を痙攣させるたびに、秘所から潮を吹き出させるたびに、それを見てうれしそうに微笑むだけ。

私が気絶するまで、は歯ブラシで私の股間を磨き続ける。こんなにも怠惰でありながら、1日の中での釣り合いが取れるほどに。

 

私はずっとずっと、そんな毎日を送り続けるのだ。