お知らせ(2024/06/07)

新しい小説短編集が出ました。文字数は11万字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム挿絵が16枚あります(うち、アダルトは15枚)。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

連続絶頂オムニバス2406号紹介画像

連続絶頂オムニバス 2406号

770円(税込)

おものべの作品の中から、特に人気の作品をリブートしました。
①同人作家との愛ある強制絶頂セックス ②悪意たっぷりの立ち電マ我慢ゲーム ③アクメ個室で機械責め ④くすぐり責めで性感破壊プログラム ⑤クリボックス販売サービス
※続編や加筆・修正といったものではなく、オリジナルの要素を残しつつ視点を変えて一から作り直したものです。オリジナルをご覧になった方でも、そうでない方でも楽しめるかと思います。

サンプルを見る

DLsiteで購入する

 

イラスト(ショートストーリー)

性的嗜好”トラウマ” 思わず命乞いしてしまう程の電マクリ責め強制絶頂地獄

※当サイトにはプロモーションが含まれるページがあります。

⏱このページは3分ぐらいで読めます


◆あらすじ

“性行為”というものの多様性を知らない少女が『簡単にお金を稼げるアルバイト』に手を出して、後悔する話。相手はただひたすらに女性に性感を与えることをよしとする異常性癖者でした。少女は全身をダクトテープで拘束されて、がに股の姿勢で股間に電マを当てられて、『殺されてしまう』と錯覚するほどの連続絶頂地獄に突き落とされてしまいます。

 

というものは、男の人と女の人が愛し合うもので、幸せに満ちている――。

そう思っていたからこそ、私は『簡単にお金を稼げるアルバイト』を始めたのです。そういうところに登録して、メッセージが来たら相手のプロフィールをよく見てから返信。相手は見ず知らずの人だけど、それでもきっと、で行われるのは素敵なことなんだろう。

私は世間知らずでした。

 

相手は30歳後半ぐらいのおじさんでした。線が細くて、優しそうな人だから選びました。

私は、おじさんが持つガレージの中で裸にされました。

「あ、あの……!? こ、これは……!」
「大丈夫だよ。約束通り、はしっかり払うからね」

ガレージの壁に取り付けられた鉄パイプの枠に、分厚い粘着テープで身体を拘束されていきます。

地面の硬さ、鉄パイプの冷たさ、テープの粘つきは、私のに対する想像とは、あまりにかけ離れた感触でした。私は、柔らくて温かいベッドの上ですることばかり想像していたのです。

「何、それ」

おじさんが取り出したのは、手でつかめるぐらいの大きさの機械。

おじさんは優しい表情で、だけど少しねっとりとした声で言うのでした。

性的嗜好"トラウマ" 思わず命乞いしてしまう程の電マクリ責め強制絶頂地獄-1

「これから、君のことをたくさん気持ちよくしてあげるからね」

『気持ちよく』その言葉がこんなにも不吉に聞こえたのは、生まれて初めてでした。

 

――――
――

 

性的嗜好"トラウマ" 思わず命乞いしてしまう程の電マクリ責め強制絶頂地獄-2

 

私はずっとずっと、おじさんに命乞いをしました。だって本当に、殺されてしまうかと思ったから。『気持ちいい』がこんなにも苦しいものだったなんて、知りませんでした。

おじさんがねっとりとした視線で、私のことを見つめています。

「やっぱり君は、良い反応するね」
「どっしでっ♡♡♡♡♡ こんなっ、こんな、こどぉぉぉぉおおっ!!!!?」

「うーん。僕は何ていうか、普通のセックスに興味がないんだよ。それよりも、女性がどれだけ気持ちよくなれるか試してみたいっていうのかな」

おじさんの言葉で、私はようやく知ることができました。には、いろいろな形があるんだと。いろいろなの中でも、おじさんのは最悪でした。

「まあ、君はただ気持ちよくなるだけでいいんだから。Win-Winだよね?」
「やだっ、これっ、死ぬ゛っ♡♡♡♡♡ 死にだぐなぁぁぁぁぁあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ 助、げ――♡♡♡♡♡ ッ゛ッッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

おじさんは、私が気絶するまで絶対に満足しなかったのでした。