お知らせ

(2024/06/07)新しい小説短編集が出ました

連続絶頂オムニバス2406号紹介画像

連続絶頂オムニバス 2406号

770円(税込)

おものべの作品の中から、特に人気の作品をリブートしました。
①同人作家との愛ある強制絶頂セックス ②悪意たっぷりの立ち電マ我慢ゲーム ③アクメ個室で機械責め ④くすぐり責めで性感破壊プログラム ⑤クリボックス販売サービス

サンプルを見る

DLsiteで購入する

DLsiteで他の電子書籍を見る

スポンサーリンク
イラスト(ショートストーリー)

抱きかかえられて強制角オナの刑で強制絶頂させられる罰ゲーム

⏱このページは2分ぐらいで読めます


◆あらすじ

トランプに負けた罰ゲームで強制角オナの刑にかけられる女の子のお話。小柄な女の子が、身長差のある女友達に抱きかかえられてしまうと、自力で降りることができなくなってしまいます。そんな状態で机の角におまたをぐりぐり押し付けられたら、もう何もできずにイキ続けるだけです。

 

――どうしてこんなことになってるんだっけ?

ああ、ええと。お友達のちゃんが、放課後に『ちゃん、トランプをしよう!』って言ってきて、何だかことちゃんの息が変に荒かったけれど、私は『いいよ』って言って。それで負けちゃって。いつの間にか、教室には私とことちゃん以外、誰もいなくなっていて。

それでことちゃんが『負けたから罰ゲームだね』って――。

 

抱きかかえられて強制角オナの刑で強制絶頂させられる罰ゲーム

「ぁっ♡♡♡ ぉ゛っ♡♡♡ っぁ゛ぁぁ~~~~~~~~っ♡♡♡」
「ぁ゛ーっ♡ ゆうちゃん、もう机がえっちなお汁でびしょびしょだよぉぉっ♡」

それでどうして、こんなことになったんだろう?

ことちゃんが私のことを抱きかかえて、私のおまたを机にぐりぐりと押し付け続けます。机の角が私のおまたをぎゅっと押しつぶすたびに、甘い何かがじんわりと体の中を広がっていくのです。

「こと、ちゃ――♡♡♡ もっ、やめ――♡♡♡」
「だめだめぇっ♡ 罰ゲームはまだ終わってないよぉ♡」

「これっ、おかしく――♡♡♡ な――♡♡♡ っぁ゛~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡」
「気持ちいいでしょ? 気持ちいいよねっ? だってゆうちゃん、気持ちよかったんだよねっ♡」

「あ、ぅ、あ、さ――♡♡♡ ぁ、ぇ――?」
「もぉっ、覚えてないの? ゆうちゃん、つまずいて机の角におまたが当たっちゃったんだよね? それで『ぅあっ♡』ってっ言って♡ 気持ちよかったんだよね? っていうかそんなエッチな声出しちゃって、そんなのもう誘ってるようなものだよぉっ♡」

「ぅぁぇっ、ぁっ、あっぁっあっあっ♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ だめ、速く、な――♡♡♡♡♡ ぁぁぁ゛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

それは、ことちゃんの本性がむき出しになる、最初の出来事。

とても恥ずかしくて、だけどとても気持ちよくて、私は抵抗できません。私の頭が何も考えられなくなるまで、罰ゲームは続くのです。

SNSやブログなどでシェアしていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました