お知らせ(2024/06/07)

新しい小説短編集が出ました。文字数は11万字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム挿絵が16枚あります(うち、アダルトは15枚)。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

連続絶頂オムニバス2406号紹介画像

連続絶頂オムニバス 2406号

770円(税込)

おものべの作品の中から、特に人気の作品をリブートしました。
①同人作家との愛ある強制絶頂セックス ②悪意たっぷりの立ち電マ我慢ゲーム ③アクメ個室で機械責め ④くすぐり責めで性感破壊プログラム ⑤クリボックス販売サービス
※続編や加筆・修正といったものではなく、オリジナルの要素を残しつつ視点を変えて一から作り直したものです。オリジナルをご覧になった方でも、そうでない方でも楽しめるかと思います。

サンプルを見る

DLsiteで購入する

 

イラスト(ショートストーリー)

抱き枕になって拘束されたまま双子姉妹から一晩中愛撫されるアルバイト

※当サイトにはプロモーションが含まれるページがあります。

⏱このページは4分ぐらいで読めます


◆あらすじ

かわいらしい双子姉妹の抱き枕になるアルバイトがあります。しかしそれは、四肢を拘束された状態で眠っているはずの姉妹から一晩中、アソコを弄くられたり、アナルをほじくられたり、乳首を吸われたり、腋の下をくすぐり責めされたりするお仕事でした。なお、姉妹に気に入られると日中も――。

 

そのアルバイトは、ある求人サイトに頻繁に掲載されるものでした。

『女の子と一緒に寝るだけのお仕事』という記載、夜勤なのはちょっとつらいけれど、時給はそこそこ――条件だけを見るなら、如何わしい雰囲気こそあれど破格の求人のように見えます。

だから、多くの女性がそのアルバイトに応募するのです。そして応募して採用された後、たった1日で辞めてしまうのです。

 

抱き枕になって拘束されたまま双子姉妹から一晩中愛撫されるアルバイト

「ふぐぉっ、ぉ゛ぉぉぉぉおおっ♡♡♡♡ ぉごっ、ぉ゛っ♡♡♡♡ ぉ゛ぉぉぉぉぉおおおお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」
(何っ!!? 何なのこれぇっ!!? こんな仕事なんてっ、聞いてっ!!? 聞いてないぃぃぃぃぃい!!!)

女性は口をふさがれ、イキ続けながらも、必死に声を出します。全身を襲う刺激に思わず声を出してしまう――それもありますが、それ以上に『大声を出して2人を起こしてしまおう』という思惑がありました。

それでも、姉妹が起きる様子はちっともありません。起きていないはずのに、その手は、その口は、その脚は、まるで起きているかのように明確に、女性に快感をぶつけ続けます。

「ぉ゛おっ、ぉ゛ぉぉおお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ ぉ゛――♡♡♡♡ ぉ゛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」
(なんでっ、こんな、うま――♡♡♡♡ これっ、一晩――!!? 死ぬっ、死んじゃうってぇぇぇえ――っ♡♡♡♡)

腋の下をくすぐる手は優しく、胸を吸う口は断続的な圧迫感があり、アナルやクリトリスをいじくる指はねちっこく、股間全体を圧迫する膝は柔らかくも力強い。そして絡み付き密着してくる体は温かく、柔らかく、なめらか。

どれもこれも、一晩中受け続けるにはあまりに強烈な刺激でした。

「ぁぐぉ――♡♡♡♡ ッ゛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~……♡♡♡♡ ごっ、お――……♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~……♡♡♡♡ ぉ゛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~……♡♡♡♡」
(だめ、も、意識が――♡♡♡♡ でも、私も気絶、できれば、も――♡♡♡♡ こんな仕事なんて、辞め――♡♡♡♡)

ほとんど女性は、朝になる頃にはすっかり気絶してしまうのでした。

 

――――
――

 

そしてまたほとんどの女性は、昼頃に目覚めると、2人に言われるのです。

「ねえ、バイトのお姉さん。私たちね、お姉さんのこと、すっごく気に入ったの♡」
「だから、ね。お昼はお姉さんとたいなぁって♡」

「え――」

『遊ぶ』のは『眠る』よりも、もっと明確で、もっと強烈。こうして、ほとんどの女性はたった1日で、このアルバイトを辞めてしまうのでした。

「ぁぐあっ、ぁ゛ぁぁぁぁああああ――♡♡♡♡♡ やだっ、やめ゛――♡♡♡♡♡ わきもっ、おっぱひもっ、おしりもっ、あそこもぉ゛ぉぉお――♡♡♡♡♡ やめっ、やめ゛ぇぇぇぇぇええ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ♡♡♡♡♡」
(気持ちいぃ゛ぃぃいいっ♡♡♡♡♡ なんでっ、夜よりもっ♡♡♡♡♡ なんで夜よりずっと気持ちいいのぉぉぉぉぉおおおおおおおっ♡♡♡♡♡)

「あはは♡ 眠ってるときも自然と体が動いちゃうみたいだけど。やっぱりえっちは起きてるときに限るなあ♡」
「私たちが眠ってるとき、下手でお姉さんもやもやしちゃったでしょ? だからお姉さんが満足できるように、たっぷり気持ちよくしてあげるね♡」

「も゛っ、いいっ♡♡♡♡♡ いいがらっ、いいがらぁぁぁあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ぁぐひ――♡♡♡♡♡ っぁ゛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」
(やめるっ、こんなバイトやめるぅ゛ぅぅぅぅうう――♡♡♡♡♡ やめっ、やめ゛――♡♡♡♡♡ やめでぇぇぇぇぇぇぇぇぁぁぁぁああああ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ♡♡♡♡♡)