お知らせ(2024/06/07)

新しい小説短編集が出ました。文字数は11万字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム挿絵が16枚あります(うち、アダルトは15枚)。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

連続絶頂オムニバス2406号紹介画像

連続絶頂オムニバス 2406号

770円(税込)

おものべの作品の中から、特に人気の作品をリブートしました。
①同人作家との愛ある強制絶頂セックス ②悪意たっぷりの立ち電マ我慢ゲーム ③アクメ個室で機械責め ④くすぐり責めで性感破壊プログラム ⑤クリボックス販売サービス
※続編や加筆・修正といったものではなく、オリジナルの要素を残しつつ視点を変えて一から作り直したものです。オリジナルをご覧になった方でも、そうでない方でも楽しめるかと思います。

サンプルを見る

DLsiteで購入する

 

イラスト(ショートストーリー)

家族に隠れて”おにい”にクリトリスをしこしこしてもらうのが習慣になった少女の独白 おまたで愉しむ①

※当サイトにはプロモーションが含まれるページがあります。

⏱このページは2分ぐらいで読めます


◆あらすじ

少女と『おにい』が、家族に見えないところでこっそり行う愛撫だけの行為。少女はいつかするであろう”本番”に思いをはせながら、今はクリ責めだけで気持ちよくなります。これはそんな、挿入だけが愉しみ方ではない、あの手この手でおまたをいじくって気持ちよくなる感じのお話たち。

 

◆おまたで愉しむ《てんこもり

①ベッドと机の間で行われる秘め事
②ご褒美は内股焦らし
③にんげんいらないじゃん
④痛みはなく芯まで響いて
⑤股間集中型擽式性欲粉砕機

 

今よりもっと小さいころ、何かの罰ゲームか、いたずらか、そういう冗談でを触られたことがあります。

それからでした。を触られるのが癖になっちゃったのは。

 

「あ、あの、おにい……」

私はたまに、そうやってお願いをします。するとおにいは、『今はまだみんな起きてるから、夜にね』と優しく言ってくれます。

そう言われた日は、私はもう何も手に付きません。ずっと夜のことが楽しみで、何をしてても上の空。

そして夜になると、もし部屋の扉が突然開いてもすぐにはバレないところで始めるのです。

 

家族に隠れて"おにぃ"にクリトリスをしこしこしてもらうのが習慣になった少女の独白

「ぁぉっ♡♡♡♡ ぉおっ、ぉぉぉぉおっ♡♡♡♡ おに、いっ♡♡♡♡ ぉ゛ぉぉぉおおお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

私だってわかってます。

は、ほんの始まりでしかないってこと。本当は、男の人と女の人は、をしているってこと。

だけどここをふにふにされるだけであまりにも気持ちいいから、今の私は満足。だけどいつか『私もいつかをするのかな』と思うと、すごくもやもや、どきどき。

 

――この世界には、どれぐらい同じ気持ちの人がいるんだろう?

ちょっとだけ挿れたい気持ちがあって、だけど挿れてもらえなくて、挿れる以外のことでたくさん気持ちよくしてもらってる人たち。

「おにいぃぃぃ♡♡♡♡♡ きもちひっ、もっとっ、もっ♡♡♡♡♡ ぉ゛ぉぉぉおおおおおおお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

そんな思いをはせながら、私はおにいの手でたくさん気持ちよくなり続けるのです。