お知らせ(2022/09/22)

3か月に1度出している有料の小説短編集ですが、スケジュールの都合、次回(22年11月)の販売を1~2か月延期させていただきます。何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

お知らせ(2022/08/06)

新しい小説短編集が出ました、今回は『双子』への快楽責めです。文字数は10万字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

双子快楽オムニバス

770円(税込)

双子なら快楽責めも『1+1=2』を超える気持ちよさに。双子姉妹への快楽責めに特化した短編集です。快楽責めの内容は、おち○ちんクリ責め乳首責めアナル集団愛撫焦らしくすぐり大人のおもちゃ異種姦(機械姦・触手)など。文字数は10万字ほど。

サンプルを見る

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

 

急流すべりでスライムにぐちゅぐちゅ えっちな遊園地シリーズ④

⏱このページは3分ぐらいで読めます


◆あらすじ

急流すべりの川は、スライムに満たされています。体にばしゃんと掛かった水は、女の子の全身を気持ちよくします。ひんやりとしたスライムは火照った体に心地よく、ぬるぬるとした優しい愛撫による絶頂は心地よく、何度イッても『もっとシて、もっとシて』と思ってしまうほどです。

 

メリーゴーランドで股間ぶるぶる
ぶいあーる映画で触手にぞりぞりぐちゅぐちゅ
お化け屋敷で幽霊に全身こちょこちょ
→急流すべりでスライムにぐちゅぐちゅ
観覧車で機械姦連続絶頂地獄

 

急流すべりに行きました。丸太のお船に乗って、川を下っていきます

「きゃーーっ♡ 水しぶき、すごーーーーいっ!」

川の上から下まで一気にすべり下りると、熱くなった体に水が掛かって、とっても気持ちいいです!

だけどやっぱり、この急流すべりも、他の遊園地とは違うみたい。体に掛かった水が、なんだかどろどろしているのです。

「何、これ……? どろどろが、近付いて、きて、ぇ、ええええぇ!?」

アニメか、ゲームか、とにかく何かで見たことがあります。これは『スライム』というやつでした。たくさんのスライムが川からボートに上がってきて、私のおっぱいやお股をぐちゅぐちゅしてくるのです。

急流すべりでスライムにぐちゅぐちゅ えっちな遊園地シリーズ④

「ぉっ、ぉおおっ♡ これ、やわらかっ!? 触り方やさしいぃぃぃぃいっ♡」

スライムにぐちゅぐちゅされるのは不思議な感じでした。とても柔らかくて、ぷるぷるしていて、手とか触手とか触られるのとは、ちょっと違うのです。おかげで全身をぐちゅぐちゅされているのに、何だかうっとり。

「ぉっ♡♡ 天国みたひっ♡♡ ぉ~~~~~~~~♡♡♡ お~~~~~~~~~~~~~~~~っ♡♡♡」

私の体がびくん、びくんと変になります。

私は今までもたくさん、体が変になりました。お馬さんの背中にぶるぶるされたり、触手にぐちゅぐちゅされたり、幽霊にこちょこちょされたり。あまりに体が変で、私はいつも『もう無理! もう無理!?』と思ってしまうのですけど。

だけどスライムにぐちゅぐちゅされて変になるのは、何だかすごく優しいのです。こんなにも体がびくびくしているはずなのに、『もっとして! もっとして!?』って思ってしまうのです。

「はぅぇっ♡♡♡♡ ぇひひひっ♡♡♡ ひゃはぁぅぁぁぁあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ ひゃぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

お船の上にどんどんスライムが上がってきているのを見て、私は変になりながらうれしそうな声を上げてしまいます。

たくさんのスライムが、私の体を包んでくれるのです。おっぱいをちゅぱちゅぱこりこりして、お股をぐちゅぐちゅずちゅずちゅして。それから、太ももをもみもみ、足の裏をこちょこちょ、おへそをほじほじ、腋の下をくちゅくちゅ――。

体が全部全部変になっていきます。

「ひゃはぅぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ すきっ、すきっ、好きぃぃい~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

ここの急流すべりは、一度滝をばしゃんと下りると、後はものすごくゆっくりになります。船はゆっくりと川を一周して、その間に体が何回も変になりました。

「はぅぇ……♡♡♡♡ ぇひっ、ひ……♡♡♡♡♡ ひひぃぃ……♡♡♡♡♡」

やっと、私は夢見心地のまま船を降ります。

体がすっごく不思議。今もまだスライムにぐちゅぐちゅされているような気がしますし、それなのに『もっと、もっと』と思ってしまうのです。

 

空を見上げれば、いつの間にか赤焼け。そろそろお家に帰らないと。

だけどスライムに体を優しくぐちゅぐちゅされたせいで、体はまだぽかぽかでした。だから、あとちょっとだけ。

「――最後にもう一つだけ、乗ろうかな……♡」

 

急流すべりでスライムにぐちゅぐちゅ えっちな遊園地シリーズ④

急流すべりでスライムにぐちゅぐちゅ えっちな遊園地シリーズ④_SS

次のお話:観覧車で機械姦連続絶頂地獄

タイトルとURLをコピーしました