お知らせ(2022/09/22)

3か月に1度出している有料の小説短編集ですが、スケジュールの都合、次回(22年11月)の販売を1~2か月延期させていただきます。何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

お知らせ(2022/08/06)

新しい小説短編集が出ました、今回は『双子』への快楽責めです。文字数は10万字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

双子快楽オムニバス

770円(税込)

双子なら快楽責めも『1+1=2』を超える気持ちよさに。双子姉妹への快楽責めに特化した短編集です。快楽責めの内容は、おち○ちんクリ責め乳首責めアナル集団愛撫焦らしくすぐり大人のおもちゃ異種姦(機械姦・触手)など。文字数は10万字ほど。

サンプルを見る

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

 

メリーゴーランドで股間ぶるぶる えっちな遊園地シリーズ①

⏱このページは4分ぐらいで読めます


◆あらすじ

女の子がえっちな遊園地に行きました。アトラクションの全てが女の子を気持ちよくするという、本当にえっちな遊園地です。女の子が最初に乗ったのはメリーゴーランド。木馬に跨がると背中がぶるぶる振動して、電マのように女の子のアソコを気持ちよくしてくれます。

 

えっちな遊園地シリーズ

→ メリーゴーランドで股間ぶるぶる
ぶいあーる映画で触手にぞりぞりぐちゅぐちゅ
お化け屋敷で幽霊に全身こちょこちょ
急流すべりでスライムにぐちゅぐちゅ
観覧車で機械姦連続絶頂地獄

 

私は今日、近所に新しくできた遊園地に来ました。

お父さんとお母さんはお仕事で来られなかったから、ひとりで遊園地なんてどきどきです!

最初に乗ろうと思ったのは、メリーゴーランドでした。やっぱり遊園地と言ったらメリーゴーランドだよね? 誰も並んでなかったから、すぐに乗れました。

「まだ朝だから、かな? まぁいいや、ラッキー♪」

 

チケットをスタッフさんに渡して、よいしょとお馬に跨がると、音楽が流れながらメリーゴーランドが回り始めます。

だけどそこで、びっくりすることが起きます。お馬さんの背中が突然ぶるぶると震え始めたのです!

メリーゴーランドで股間ぶるぶる えっちな遊園地シリーズ

「ふぁぇえっ!? 何これ、お股がくすぐったいぃ!?」

お父さんやお母さんがたまに使っているマッサージ器を使っているけれど、そのマッサージ器が私のお股を下からずんずんと突き上げてくるみたい。

すごくくすぐったくて、くすぐったいはずなのに口の奥がむずむずして、何だかすっごく変な感じ。

「あの、これ、これっ、変んんんんんん!?」

私は必死にスタッフさんに助けを呼びました。このメリーゴーランドおかしい!? このお馬さん壊れてる!? だけどスタッフさんはこちらを見てニコニコするだけです。

あまりにお股が変で、私の体がずるりと傾きました。冷や汗がたらり、その瞬間のことです。

――ガシャン!

「ふぁぇぁぇぇぇえっ!!?」

体に何かが巻き付きます。両手の手首、それとふくらはぎ、足首。お馬さんから落ちそうになった私のことを、ベルトのようなものが支えてくれました。

ほっとしたのは、ほんの一瞬だけのことでした。

「やだっ、降りられないぃっ!!? これっ、降りられな――っ!!? お股が変になるからぁぁぁああ!!!」

両手は自分の背中に、両脚はお馬さんの脇腹に。お股をお馬さんの背中にぎゅうぎゅう押し付ける姿勢のまま、私は動くことができません。

「なんだかっ、も、変――!!? っ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

「これ、止まらにゃ――♡♡♡♡ いつまで――!!!? ぁぅぁぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ っ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

「ひゃぐ――♡♡♡♡ ひ――♡♡♡♡ っ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

私はお股をたくさんぶるぶるされて、たくさん変な声を上げてしまいました。時々体がびくんびくんってなるし、パンツもびっしょり。

だけどこれ、おしっこじゃないみたい……?

メリーゴーランドが止まったのは、何十分かたってからでした。普通のメリーゴーランドよりもすっごく長い!?

「ぉ……♡ ぉぉぉ……♡」

その時にはもう、私はふらふら。お股がきゅうきゅうと鳴いているみたいで、わけが分かりません。パンツはもうびっしょり、これ、脱がないと気持ち悪いなぁ……。

 

私がふらふらしながらメリーゴーランドから下りると、次に並んでいた人たちが木馬に跨がり始めます。

「ふゃぁぁぁぁぁああっ♡♡♡♡ 何これ――!!? お股すごひぃぃぃぃぃぃぃいいいっ♡♡♡♡」
「あぁぁぁだめぇぇぇぇえええっ♡♡♡♡ 腰、動いちゃ――♡♡♡♡ 腰勝手にへこへこしちゃぅぁぁぁぁあああ~~~~~~~~っ♡♡♡♡」
「イッちゃうっ♡♡♡♡ これっ、すぐイッひゃ――♡♡♡♡ っぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

私と同じぐらい年の女の子も、ずっと大人な女の人たちも、みんなが悲鳴を上げ始めます。どうやら、メリーゴーランドが壊れてたとか、そういうのじゃないみたいです。

まさか、こんなに恥ずかしいことをさせる遊園地があるなんて――!?
だから私は思うのでした。

「ほかにどんな乗り物、あるのかな……♡」

メリーゴーランドで股間ぶるぶる えっちな遊園地シリーズ

メリーゴーランドで股間ぶるぶる えっちな遊園地シリーズ_SS

次のお話:ぶいあーる映画で触手にぞりぞりぐちゅぐちゅ

タイトルとURLをコピーしました