お知らせ(2022/09/22)

3か月に1度出している有料の小説短編集ですが、スケジュールの都合、次回(22年11月)の販売を1~2か月延期させていただきます。何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

お知らせ(2022/08/06)

新しい小説短編集が出ました、今回は『双子』への快楽責めです。文字数は10万字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

双子快楽オムニバス

770円(税込)

双子なら快楽責めも『1+1=2』を超える気持ちよさに。双子姉妹への快楽責めに特化した短編集です。快楽責めの内容は、おち○ちんクリ責め乳首責めアナル集団愛撫焦らしくすぐり大人のおもちゃ異種姦(機械姦・触手)など。文字数は10万字ほど。

サンプルを見る

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

 

ギャグボールをかませられて二穴責めされたくノ一の終わらない性拷問

⏱このページは3分ぐらいで読めます


◆あらすじ

捕らえられたくノ一が拷問を受けています。『情報を吐けばすぐにでも解放してやろう』――膣とアナルの両方にバイブを挿される性拷問は、若い彼女を屈服させるのに十分なものでした。しかし口枷をはめられたせいで、情報を喋りたくても喋れない。そうしてただ男の偏執的な欲望を満たすためだけの拷問は、延々と続くことになるのです。

 

ある商家の屋敷に潜入したくノ一は、あえなく捕らえられ拷問にかけられていた。

まだ若いは、どこかいる節があった。自分の力に対する過信。そしてもしも万が一捕まったとしても、適当に情報を売って向こうに取り入るフリをすれば、いかようにもできる。最悪、体を売ればいい。

しかし彼女は現実を知ることになる。世の中には、そんな幼稚な考えが通用しないほど、偏執的な趣味を持った人間もいるということを。

屋敷に響きわたるのは、屋敷の主である男の下卑た笑い声と、彼女のくぐもった悲鳴――。

ギャグボールをかませられて二穴責めされたくノ一の終わらない性拷問

「屋敷に潜り込んだ子ネズミめ。この拷問でも屈しないとは、何とも強情なものよのぉ?」
「ふぐぉごぉぉぉっ!!? ぉごっ、ぉ゛ぉぉぉぉおおおっ!!!」

拷問とは名ばかり。

丸太に突き刺さった肉棒の張り型が、カラクリでもって彼女ので上下に動き続ける。若いながらも房中術を教えられてきた彼女は、張り型の動きに敏感に反応した。

この程度の性拷問、想定の範疇ではあった。彼女にとって予想外だったのは、口枷をはめられて喋れないということだ。

「さぁ、早く情報を吐け! 情報を吐きさえすれば、貴様をすぐにでも解放してやってもよいのだがなぁ?」

「はぐぅぅうっ!!! ぅごっ、ぉ――♡♡♡♡ ぉ゛ごぉぉおおお!!!」
(だったらなんでこんなの付けるのよぉぉお!!? 全部喋るって言ってるでしょぉぉおおお!!?)

最初こそ、彼女は男の頭がイカれているのではないかと疑った。しかしその醜い顔面に貼り付いた笑みを見て理解する。この男は、わざとしているのだ、と。

花の蜜のように甘い言葉で心をかき乱して、手を差し出せばすぐにでも届きそうな安寧にすら届かない――そんな風に身悶えして苦しむ自分の様子を見て愉しんでいるのだ、と。

「ぉごぉっ、ぉ゛っ♡♡♡ ぉ゛ぉぉぉぉおおお――っ♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!? ごぉぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ♡♡♡♡♡」
(い゛やぁぁ~~~~~~~~~~~~~~~~ッ♡♡♡♡♡ もう、気持ちいいのは嫌ぁ゛ぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡)

膣と尻穴の中で上下運動を続ける張り型のせいで、くノ一は何度も絶頂を迎える。

「何度達してもまだ折れぬか。ならば、もっと強い拷問が必要かもしれぬなぁ? 裸に剥いて全身を責めてやろうか? それとも秘伝の媚薬を使ってやろうか? なぁ?」

「ぉ゛ごぉぉぉぉおおおおっ!!!! ふごっ、ぉぁ゛ぉ゛ぉぉぉおおおお!!!!! っ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」
(もぉ゛折れでる!!!? もお折れでるがらぁぁッ!!!? ごめんなさいッ!!!!! ごめんなざい゛ぃぃぃいいいいいいいッ!!!!?)

それでもくノ一が情報を吐くまで、拷問は終わらない――すなわち、いつまでも拷問が終わることはないのだ。

タイトルとURLをコピーしました