お知らせ(2022/05/07)

新しい小説短編集が出ました、今回は『クリ責め』です。文字数は11万5千字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

クリ責めオムニバス

770円(税込)

女の子の一番気持ちいい所を徹底的に責める。女の子が敏感なクリトリスを責められて延々と気持ちよくなってしまう、クリ責めによる快楽責め・連続絶頂の短編集です。『クリトリスをいじめるおもちゃ』と『えっちなクリトリステータス』の二編でお送りします。文字数は10万5千字ほど。

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

 

背面座位+クリ責めでこたつから一生出られなくなるぐだぐだセックス

⏱このページは9分ぐらいで読めます


◆あらすじ

ある夫婦の怠惰なセックスの様子です。寒いからと、こたつから出ずにそのまま背面座位。妻が挿入したまま腰を動かさずにのんびりくつろいでいると、暇を持て余した旦那が手遊びでクリトリスをいじくってきます。そのセックスは純情さのかけらもないだらだらしたものではありますが、快感は本物のようです。

 

「ふぁぇ~~~~。今日は暇ね~」

休日の昼下がり。私はリビングのこたつに突っ伏しながらテレビを観ている。

結婚して早2年。恋愛期間をとうに過ぎた私は自宅でぐったり。肩よりちょい下までの長さの髪はぼさぼさ、顔はすっぴん、服装はベージュのだぼっとしたインナー。

自室から出てきた旦那が、私のことを見下ろして言う。

こたつそれ、そろそろ片づける時期じゃあ?」
「いーや! まだまだ現役よぉ」

春先とは言えまだまだ肌寒い時期。おこたつ様を片づけるだなんてとんでもない! ……そういえば去年も結局そうやって、5月までこたつを出しっぱなしにしてたっけ。きっかけがないと片付けにくいよね。

それにしても暇だ。私は旦那を手招きした。

「近う、近う」
「はいはい」

旦那が私の隣に座る。私は『そうじゃない』と言って、旦那の膝に乗る。

「背中が寒いんだよね~」
「はぁ、まったく……」

前はこたつ、後ろは旦那、そこに挟まる私――うん、これは完璧なフォーメーション。旦那はため息を付くけれど、何だかんだでこういう戯れに付き合ってくれる。

熱々とは言えないけれど、結婚生活はそれなりに順風満帆だ。

 

「んー」

背中に旦那の体温を感じていると、ちょっとしたいたずら心が湧いてくる。私は旦那の膝に座ったまま、腰を動かしてお尻を擦り付けることにした。

「うりうり」

「やめなさい」
「やめなーい」

ぐりぐり、ぐりぐり、ぐりぐり。

お尻を擦り付け続けていると、衣服越しに旦那のおちんちんがむくむくと大きくなっていくのが分かる。股間を圧迫されたことによる生理現象か、それとも私のお尻に興奮してくれたのか。

ここで一つ問題が起こる。最初はほんのいたずらのつもりだったんだけど、どういうわけか、私のほうがむらむらしてきたのだ。

たいです」
「はぁ」

「だけど寒いです」
「それで?」

でしよう」
「はぁ」

まさに名案。

私は旦那の膝に乗ったまま、もぞもぞとを下ろす。そして自分でほんのちょっとくちくちっとアソコをいじって濡らしたら、旦那のも下ろして、こたつに入ったままおちんちんを挿入するのだ。

「んっ♡ ぉー……♡」

やっぱりはいい。旦那の熱いものが私の中に挿ってくる感覚は、幸福で快感。旦那のがぴくぴくっと動くと、私の体もぴくぴく動いてしまう。

「あー、これ、何て言うんだっけ? 確か、こたつかがり?」
「四十八手? 知らないよ」

こたつに入って背面座位。だけど腰を上下に振るのはおっくうだから、アソコにおちんちんが挿ったじんわりとした感覚を、ゆっくり愉しむことにする。

「するんじゃなかったの」
「今してるじゃーん♡」

旦那がちょっと不満そう。

男の人ってのはいつもそうだ。おちんちんをこすって気持ちよくならなきゃ気が済まない。私はこうやって挿れているだけでも十分気持ちいいというのに。

「テレビやってないなぁ、ゲームでもしよっかな」
「この状態で?」

「この状態でぇ。150cc速いから練習したいんだよねぇ。新しいコースも出たしー……っと、コントローラー届いたっ」

結婚しているからこその、すごく自堕落なセックス。

恋人時代はこんなんじゃなかった。もっと精いっぱいおめかしして、全身ムダ毛がないか何度もチェックして、どきどきしながらベッドの中で縮こまっていたのに。

だけどこれはこれですごくいい。

 

しかしまぁ、ずっと膝の上に乗られている旦那は退屈なものらしい。すると暇を持て余していた旦那の手が、私のアソコに伸びるのだ。

「んひゃいっ♡♡♡ ぉっ!? ぁっ、クリぃっ♡♡♡」

「ゲーム続けてていいよ」
「んぉっ、そんな、ぉぉっ、ぉぉぉーっ♡♡♡」

そうは言いますがね。

旦那が左手で床を付いたまま、右手でクリトリスをくちくちといじってくる。そしてアソコには相変わらずおちんちんが挿ったまま。

クリトリスを気持ちよくさせられるとアソコをきゅっと締め付けてしまい、アソコが気持ちよくなるとクリトリスもじわっと一緒に気持ちよくなる。

やばい、これはすごく効く。

「ほら、コースアウトしてるよ。そんなんじゃあ、グランプリ勝てないんじゃないかな」
「んぐっ♡♡♡ まっ、まだまだここからっぁひっ!!? 後ろのほうがいいアイテム出るんだか、にゃぁ゛あっ♡♡♡」

私は負けじとコントローラーを握りしめるけれど、旦那は私の気持ちいい所なんて隅から隅まで知り尽くしている御仁だ。

最初は指先でこちょこちょこちょっと表面をなでて、神経を逆立たせる。そしてゲームの『ここぞ』と言う大事な場面でクリトリスをくりっとこねてきて、手元を狂わせてくる。

こちょこちょこちょ、ぎゅっ。くにっ、くにくにくにっ、くりゅっ。

「ちょっ、これいじょ、やったらぁぁぁっ!!? ぁひっ、ぁひっ、ぁひっ♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡」

結果、私は軽くイッてしまう。全身が跳ねて、膝がこたつの天板にごつんと当たる。それと同期して、ゲーム画面で私のキャラがごつんと壁に激突した。

「ひー……♡」

「今、イッた?」
「イッてなひ……♡」

「いや、イッたでしょ」
「イッてなひです……♡」

「強情め」

その会話に大した意味はないけれど、やっぱりイッたのを指摘されるのは少し恥ずかしいという乙女な気持ちは多少残っているもので。

あるいは、そういう態度が旦那の嗜虐心をくすぐることを理解しているからこその発言なのかもしれない。心のどこかで『いじめられたい』っていう、そういう気持ち。

「なら、イカせられるように頑張りますとも」
「ぉぉぉぉぉぉぉぉ――!!!? っ~~~~~~~~♡♡♡♡」

今度は両手だ。旦那が両手をフルに使って、私のアソコをいじり立ててくる。

そうなると、気持ちいいのはアソコだけじゃなくなる。

「ふぁぇ~~~~~~♡♡♡♡ ――♡♡♡♡ ぃぃぃ~~~~~~~~っ♡♡♡♡」

先ほどまで、旦那は左手で床を付いて、右手だけで私のアソコをいじくっていた。そうじゃないと旦那のことを背もたれ扱いしている私の重みで、仰向けに倒れてしまうから。

だけど今、旦那は体を支えていたの左手も、アソコいじりに加勢させている。するとどうなるか? 仰向けに倒れないように、旦那の体が私に覆いかぶさってくるのだ。

「んぐぅぅぅぅぅぅっ♡♡♡♡ ぁぇっ、ぁぇっ♡♡♡♡ っぁーーーー♡♡♡♡ やばっ、これっ、やば――ッひぃぃぃっ♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

こたつの天板と旦那の体でサンドイッチ。ぎゅうぎゅうとつぶされるたびに、全身から幸福感がじゅわじゅわと出てくる。

そして両手でアソコ弄り。片手でクリトリスをくちくちくりくりといじりながら、もう片手でをなぞったり、内股をくすぐったり。

「もうゲームめちゃくちゃじゃない。みんなゴールしてるよ?」
「ぅぁぇっ♡♡♡♡ ぇぅっ♡♡♡♡ ぅぁーー♡♡♡♡ ぁ゛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

画面では私のキャラが道路を逆走したり、壁にごんごんぶつかったり、崖から落ちたり、もうめちゃくちゃだ。

こんなことをされたら、もうゲームをするどころじゃないに決まっている。私は脚をがっぷりと開いて、旦那の手遊びを受け続けるんだ。

 

――――
――

 

「はへーーっ♡♡♡ へへっ、へーー……♡♡♡」

を始めたのはまだ日が高い時間だったはずなのに、気付けばいつの間にか夕方になっている。相変わらずアソコは、も気持ちいいまま。

私はこたつに突っ伏したまま、時間の流れが分からなくなるぐらいふわふわした気分でいた。こたつとえっちのダブルパンチでのぼせてしまったのだろうか。ゲームはいつの間にかポーズがかけられている。

すると、ふと旦那が口を開くのだ。

「ねぇ」
「はへ♡」

「そろそろ我慢できないんだけど」
「はぇ?」

『我慢できない』――私がその言葉の意味を理解する前に、旦那が自分の腰を持ち上げて、私の全身を大きく揺さぶり始めるのだ。

「んぁ゛っ♡♡♡♡ ぁ゛――!!!? ぉっ、ぉ゛ぉっ♡♡♡♡ ぉぉぉぉぉおおおおおおおおおっ♡♡♡♡♡」

ずん、ずん、ずん! 旦那のおちんちんが、私のアソコを下から突き上げてくる。

おちんちんをくわえ込み続けたアソコは敏感も敏感。内側を擦られる感覚も、奥を叩かれる感覚も、強烈な快感。

「んひぁぅぁぁぁぁっ♡♡♡♡ に゛ゃッ♡♡♡♡ くりっ、一緒にはっ♡♡♡♡ んぁ゛っ♡♡♡♡♡ ぁ゛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

そのさなかにも、旦那は私のクリトリスをいじくったまま。もう下半身がびりびり麻痺して感覚がないのに、甘い気持ちよさだけはずっと鮮明に感じられる。

「ちょっ、イッて、イッてぇぇぇ~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ぁぐっ♡♡♡♡ ぁ゛ッ♡♡♡♡♡ またイ――♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

旦那は決して遅いほうではないし、おまけにずっと挿れて焦らされたまま。を迎えるのはすぐだ。

だけどそれ以上に私はイキまくって、イキ続けて、もうわけが分からない。こたつに突っ伏したまま、あへあへと言い続けるだけ。

「そろそろ、出すよ……っ」
「ぁへっ、へっ、へぇぇぇぇえっ♡♡♡♡ ぇへっ、へぇぇぇっ♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ っ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

旦那が限界を迎える頃には、私は気持ちよさでもうすっかりおかしくなっていた。それでも旦那は容赦なく、私の中に大量の精子を注ぎ込むのだ。

「ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ぁ――♡♡♡♡ っ~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

こたつに突っ伏していた私は、その瞬間旦那の体を押しのけるほど思いっ切りのけ反って、今までで一番大きな絶頂を迎える。

こたつの中で思いっ切りがに股になって、アソコをひくひくさせる。こたつの中は見えないけれど、この感覚はたぶん、きっと、潮を噴いているな。

「ぉーー……♡ ぉ――♡ ぉぉぉぉ……♡」

実を言うと、旦那とする時はいつもにされてしまう私。だけど今日はいつもよりもだ。ひとしきりばかみたいにイキ狂った私は、旦那の膝から崩れ落ちて床に倒れ込んだ。

体の外から、中から、全身がぼうぼうに暑くて、熱くて、だけどそれが心地いい。

旦那の手が頭の上に置かれる。

「ふぁへ……へへ」

その手がとても温かくて、私はへろへろになったまま間抜けな笑い声をこぼすのだった。

 

――――
――

 

「あー寒い」
「結局、こたつ片付けたからね。誰かさんので布団が汚れたから」

「あんな延々とアソコいじくられたらーー!! 潮ぐらい噴いて当然でしょーーーー!!?」

が済んだときにはもう日が暮れる頃。シャワーを浴びてから、私は大急ぎで夕飯の支度を始めて、旦那は体液でぐっしょり濡れたこたつを片付けて。

そうして、すっかりさっぱりしてしまったリビングテーブルの前で、私は旦那に抱き付いていた。

「なんかこう、売れると思わない?」
「何が?」

「抱き枕ならぬ……抱かれ枕? こうー、後ろから抱き締めてくれて、あそこを延々とくちくちしてくれるの」
「はぁ」

「あー、ないかなー! 今の日本の技術力なら」
「そんなこと言われても」

 

そろそろ暖かくなってくる。もう今シーズンにこたつを出す機会はないだろう。こたつを片付けるときってどうしてこんなにも寂しく感じられるのだろう。

仕方ないので、私は旦那の腕をつかんで私の体に巻き付かせた。

「今はないのでー。旦那が代わりに抱かれ枕になって♡」
「はぁ」

こたつは期間限定だけど、抱かれ枕は年中無休、一生ものだ。その腕は温かく、程良い重さで、私は『ふへへ』と頬を緩ませるのだ。

電子書籍のご紹介 ~サイト内の小説だけでは物足りない方に~

クリ責めオムニバス

770円(税込)

女の子の一番気持ちいい所を徹底的に責める。女の子が敏感なクリトリスを責められて延々と気持ちよくなってしまう、クリ責めによる快楽責め・連続絶頂の短編集です。『クリトリスをいじめるおもちゃ』と『えっちなクリトリステータス』の二編でお送りします。文字数は10万5千字ほど。

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

くすぐり快楽オムニバス

770円(税込)

『くすぐったい』は『気持ちいい』。女の子が腋の下や足の裏などをくすぐられて、くすぐったいはずなのにどこか気持ちよくて、何度もイキながら悦んでしまう――そんなくすぐり責めによる快楽責め・連続絶頂の短編集です。『くすぐりだらけのファンタジー』と『オーダーメイドくすぐり屋さん』の二編でお送りします。文字数は11万字ほど。

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

拘束快楽オムニバス

770円(税込)

『快楽責め』×『身動きが取れない』=『もっと気持ちいい』。女の子が性感帯を責められて、だけど体を拘束されているせいで逃げられず何度もイッてしまう――そんな拘束状態における快楽責め連続絶頂特化の短編集です。文字数は12万字ほど。

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

ふたなり搾精オムニバス

770円(税込)

おちんちんが生えたふたなりの女の子を搾精する短編集。手や口を使った愛撫、正常位や騎乗位などの本番エッチ、オナホールなどの機械、触手やモンスター娘などの異種姦まで。あの手この手で射精させて身も心もドロドロに蕩けるぐらい気持ちよくさせる作品です。文字数は11万字ほど。

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

乳首責めオムニバス

770円(税込)

乳首責めによる連続絶頂が主成分。指や触手、筆、ブラシ、機械など、いろいろな方法で女の子の乳首を苛めてゆきます。元々乳首が敏感だった子も、そうでなかった子も、最終的には乳首が気持ちよすぎてそれだけで何度もイッてしまうような作品です。文字数は11万字ほど。

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

連続絶頂オムニバス

770円(税込)

快楽責め連続絶頂が主成分。頭がおかしくなるほどの快楽に、女の子が一時は戸惑い、時には泣き叫ぶこともあれど、最終的には目にハートを浮かべながら悦んでしまう作品です。下の『突起責めオムニバス(クリ・乳首責め)』と比較するとアナルくすぐりなど突起責め以外の責めが増えています。文字数10万字ほど

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

突起責めオムニバス(クリ・乳首責め)

770円(税込)

クリ責め乳首責めを主成分とした小説短編集閉ざされた環境で女の子が泣き叫ぶほど気持ちよくなって何度もイキ狂う作品です。こちらも文字数10万文字ほど。

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

 

その他の電子書籍(同人)のご案内

 

エロ小説
シェアする
おものべをフォローする
おものべ

タイトルとURLをコピーしました