お知らせ(2023/01/08)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
新しい小説短編集が出ました、今回は『機械姦』です。文字数は11万字ほどで、文庫本まるまる一冊分のボリューム。このサイトのエロ小説だけでは物足りないという方、ぜひともお買い求めください。

機械姦オムニバス

770円(税込)

精緻で強力、疲れを知らず、そして無情。さまざまな機械によって女の子が犯されて、『嫌だ』と泣き叫んでも止めてもらえず、ついには堕ちてしまう――そんな機械姦による快楽責め・連続絶頂の短編集です。

サンプルを見る

DLsiteで購入する
FANZAで購入する

 

股間をくまなく擦り上げるシリコンいぼぬるベルトと巨乳制服女子

⏱このページは3分ぐらいで読めます


◆あらすじ

シリコンのいぼが敷き詰められたベルトが、座った者の股間をくまなく擦り上げます。ボーイッシュな髪型だけど巨乳である”彼女”は、休むことなく行われる快楽責めに、舌を突き出しながら濁った喘ぎ声を上げ続けるだけです。

 

その学校には、あるがあった。

開発、研究、調教、遊戯――一人の生徒が、そのに付き合わされていた。

 

股間をくまなく擦り上げるシリコンいぼぬるベルトと巨乳制服女子

さっぱりとしたショートヘアはどこか男性的だが、端正な顔付きは女性的。何より制服がはち切れんばかりの大きな胸を見れば、性別を見間違えることはあり得ない。男子からの人気はあつく、それ以上に女子から告白されることの多い彼女。

何の因果か、彼女は後ろ手に拘束されて、下着を外され、あるマシンに座らされていた。マシンは彼女の無防備な股間を犯し続けるのだ。

「ぁぐっ♡♡♡ ぉ゛おっ!!? ぉ゛ぉぉぉぉぉぉおっ♡♡♡」

彼女の周囲では、女子生徒たちが恍惚の表情で彼女のことを見つめていた。

「これっ!!!? アソコっ、全部っ!!? 全部擦られぇぇぇっえっ、ぁっ、ぉっ、ぉ゛ぉぉっ、ぉ゛ぉぉぉぉぉおおっ♡♡♡♡」

そのマシンは、工具のベルトサンダーから着想を得たものだった。

しかし回転するのは紙やすりではない。ベルトの表面には、シリコンでできた無数のいぼがあった。粘液にまみれたシリコンは、未知の生物が持つ触手のよう。

それが回転することで、クリトリスから割れ目、会陰、尻穴までをくまなく絶え間なく擦り付けていた。

「だめっ、だめなのっ♡♡♡♡ アソコもっ、お尻もぉぉぉおおっ♡♡♡♡ ぉ゛おっ♡♡♡♡ ぉぉぉおっ♡♡♡♡ っ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

繊細さのかけらもない乱暴な動きだが、快感は本物だった。

絶妙な回転速度。遅すぎて焦れることはなく、速すぎて感覚が麻痺することもなく。毎秒30cmの速さで股間のあらゆる部位を愛撫する。クリトリスを挟み、はじき、つぶし。割れ目をえぐり、会陰をマッサージして。尻穴をくすぐり、ほじくる。

その刺激に飽きることはない。いぼの配置、体の揺らぎ、ベルトの傾き、粘液にまとい具合が、絶妙な乱数を生んでいた。

「とめ――♡♡♡♡ おねがっ、止め――♡♡♡♡ 体っ、壊れ――♡♡♡♡ 息、できな――♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!! ッ~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡」

絶え間なく――一定の方向で回転し続けるのも厄介だ。

もしもこれが人の手なら、こんなにずっと一定方向に動くことはなかった。前後の方向を切り替える一瞬の時間が、快感の止まる安らぎの時間になり得たかもしれない。

しかし毎秒30cmで回転し続けるベルトにはそれがない。筋肉を緩ませる時間が、呼吸をする時間が見当たらない。同じ刺激が、普通よりも何倍にも強烈に感じられる。

「ぁぐっ♡♡♡♡ ぁお゛っ♡♡♡ ぉ゛、ぉ゛ぉ゛っ♡♡♡♡ ぉ゛ぉ゛おおおっ♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡ ッ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡♡♡」

彼女は一瞬たりとも止まることのない快感にパニックを起こし、目を回す。舌を突き出しながら濁った喘ぎ声を上げ続ける。

しかしシリコンのベルトは止まらない。開発、研究、調教、遊戯――彼女を犯すのは果たしてどのような目的か分からないが、いずれの目的にせよ、数度絶頂した程度でが終わることはないのだ。

タイトルとURLをコピーしました