獣人夫をオナホで黙らせ、巨乳妻を寝取りハーレム

⏱このページは12分で読めます


あらすじ

愛用オナホで達すると同時、俺は半裸獣人が住む異世界に飛ばされた。獣人男はなぜかみんなスモールチンポ。だからだろう。獣人女は、俺のビックなチンコに生唾を飲みこんだ。さあ、男達が初めて見るオナホに夢中になっている間に、俺は若妻・熟女妻をまとめて寝取りだ。生挿入の孕みセックスしてやるぜ。

NLSピストン

NLSピストン

11,800円(税抜)

初心者でも使いやすいピストン型。そこそこの価格で高い快感性能を誇る、コストパフォーマンスの優れた電動オナホです。AC電源式。A10ピストンSAの専用オナホを使い回せます。

詳細を見る
販売サイトへ

チュパリズム

チュパリズム

7,400円(税抜)

振動+バキューム+温感。ギチギチ挿入感と強烈なバキュームによって、搾精力の非常に高い電動オナホです。USB充電式。生活防水仕様で水洗い可能。

詳細を見る
販売サイトへ

激震! オナリズム

激震! オナリズム

3,980円(税抜)

振動型。ドドドドという男性器の芯にまで響く重い振動が魅力の電動オナホ。ローションがなくても使えて、価格も安いなどお手軽さも◎。USB充電式。

詳細を見る
販売サイトへ

エレクトリックディープ ウォリアープラス

エレクトリックディープ ウォリアープラス

4,580円(税抜)

吸引+振動。ディープイラマチオを再現したこだわりのバキュームが◎、振動はちょっとマイルド。電動オナホの中でも格安です。USB充電式。

詳細を見る
販売サイトへ

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)

19,900円(税抜)

回転式。電動オナホの中でも特に人気が高いA10シリーズで、高い品質を誇ります。豊富な機能やアタッチメント。+1D動画。スマホ操作。USB充電式。

詳細を見る
販売サイトへ

 

「女がなんだ! 俺にはこれがある!」
俺は、自分の部屋のいつもの場所から、愛用オナホを取り出した。
「オナホはいいよな、気遣いがないとか、チンコが小さいとか言わないし」

これは別に、俺が直接言われたわけではない。
立ち寄った居酒屋の片隅で、女子会をしていた見知らぬ女達が、酔いにまかせて話していたんだ。
「もう、このオナホも何回使っただろうな……」

まるで恋人でも見るようにうっとり見つめながら、俺はオナホを優しく撫ぜた。
それから、何度かしごいて半立ちになったチンコを、オナホのシリコン穴に、ぐりぐりと押し込む。

「おっふ」
きつめの穴は、入れるのはちょっと大変だ。
だが突っ込んでしまえば、中のヒダヒダがチンコを刺激し気持ちいい。
でも、せっかくの電動オナホ。電源を入れないことには、つまらない。
俺はぽちっとボタンを押した。

「おおっ!」
ブブブ、と動き始めるシリコン穴。
敏感な亀頭をぐいぐいとしめつけてくるのがたまらない。
ぎゅっとされると、まるでチンコが心臓になったかのように、どっくどくと脈打った。

「ああ……」
手で握られ、擦られるような刺激に、すぐにチンコはバッキバキ。
でもここで終わりじゃないと、もう一度スイッチを押す、と。
「ふぉおおっ!」
吸い込まれる、俺のチンコが、オナホに吸い込まれる!

カウパーがだらだら溢れているんだろう。
オナホからは、にちゃにちゃと湿った音が聞こえて、それがまた興奮を大きくした。
しかも、このオナホは温かいんだ。
(人肌のぬくもりがあって、締め付けることもできるなんて、本当に女なんていらなくなるよな……)

はっはと荒い息を吐いているうちに、金玉がぐっと持ち上る感じがして、射精感が込み上げた。
子を孕む役を担えない俺のザーメンが、チンコをぎゅんぎゅん駆け上がる。
「アアッ、イク……!」

――と、濃厚精子を吐きだした、直後。
俺の視界が、ぐにゃりと歪んだ。

「何が……あったんだ?」
気が付くと俺は、広い原っぱの真ん中にいた。
青々とした芝生の上に、チンコを入れたオナホを握り、下半身を露出して座っている、俺。

――と。
人間が――いや、人間に似た生物が、あっという間に、俺を取り囲んだ。
俺は目を見張った。なんとそいつらは皆、頭の上に、動物の耳をつけていたんだ。
「な、なんだ!?」

彼らは、男も女も半裸。下半身には、申し訳程度の腰布を巻いていた。
でも、女が巨乳だとか、乳首がむっちり丸く尖っているとか、そういうことに感動する余裕もない。
ただ茫然と見ていると、犬っぽい耳と尻尾をつけた男が、俺の足の間を覗き込んできた。

「こいつの生殖器、変わっているな」
はっきりと言葉がわかるのが不思議だった。でも今大事なのはそんなことじゃない。
誤解を解くことだ。

「これは俺の生殖器じゃない」
俺はオナホを外した。
ぬろり、ザーメンまみれの、くったり萎れたチンコが現れると、男は目を見開いた。
「なんてビッグサイズだ! 信じられない」
「こんなの、初めて見たぞ! 本物か?」

男が、いきなりチンコを掴んでくる。
「痛い!」
思わず叫ぶと、男はぱっと手を離した。
「温かい……血が通っている。本物だ」
どよめく男達。一方で、犬の女が、ゴクリと息を飲んだのがわかった。

「もしかして、生殖器がでかすぎるから、機械で隠していたのか?」
尋ねる犬男に、俺は首を振る。
「違う、これはオナニーをするための道具だ」

言うと、男は『オナニー』の意味がわからない様子。説明すれば「生殖器を使うのは子作りのためだけだ」と言ってきた。
まじか。

俺は、これを使うと、子作りセックスとはまた違う気持ち良さを味わえるのだと伝えた。
すると、一番若そうな、鹿っぽい角をつけた男が、使い方を教えてくれと言ってきた。
「といってもなあ……生殖器を入れるだけだよ」

男は、腰を隠していた布を持ち上げた。
「これを入れるんだな?」
そう言って、彼は俺と同じように、胡坐で原っぱの上に座る。

――が。言ってやるべきか、言わざるべきか。
男は、俺の愛用オナホでは、気持ちよくなれないかもしれない。
なにせ奴のチンコは、俺の人差し指くらいのサイズしかなかったのだから。

「い、いくぞ……」
緊張した面持ちで、オナホのシリコン穴にミニチンコを突っ込む鹿男。
「それで、先のボタンを押すんだ」
男は俺に言われたままにし――。

「う、ああああっ」
動き出したオナホに驚いた。
チンコはぴったりはまる感じではないが、振動が気持ちいいっぽい。
眉間に、切なげなしわが寄っていく。

「おお、俺らの中で、一番のビックサイズが感じている!」
他の男達は、興味深げに、鹿男の周りに集まった。
っていうか、やつで一番のデカチンなのかよ。他の男は、どれだけ小さいんだ。

一方、俺のまわりには、女達が集まってきた。
「ねえ、その生殖器、本物なんでしょう?」
さっき息を飲んで、俺のチンコを見ていた、熟女の犬獣人が、声をかけてきた。
そこに、猫耳をつけた若い女が、割り入ってくる。
「キャス、あなたまさか、ここに夫がいるのに、彼と性行為したいなんて、淫らなことを思っているんじゃないでしょうね?」

俺は二人を見比べた。
脂ののった年齢の犬女と、ぴちぴちに若い猫女。
どちらもむっちり巨乳で、乳首はぼってり赤ピンク。
キュッと引き締まったウエストからは、腰が張り出している。

――と、猫女が、突然俺のチンコにしゃぶりついてきた。
「うぉっ!」
思わず叫ぶが、女は気にせず、ベロで丸い先っぽを舐め回す。
「ふっ、あふっ、ぴちゃっ、れろぉ……」

ああ、尿道口のあたりを、ぺろぺろ舐められるのが気持ちいい。
カリをねっとり探られるのも、鬼頭を唇ではむはむされるのも、たまらない。
快感に腰を震わす俺の前で、犬人妻のキャスが、ため息をついた。

「ミリア、夫が遠出しているからってそんなこと……」
汚らわしいものを見る目で、俺と猫女のミリアを見る、キャス。
若人妻・ミリアは、唇から、ヌポン! とチンコを取り出して言った。
「だってそうしたかったんだもの。初めてよ、男のここを舐めるなんて」

言って彼女は再び、俺のチンコをぱくりと咥える。
前かがみになったせいで、牛みたいにデカい乳がぶるんと揺れた。
それを俺はむにりと揉む。
「……柔らかい」

ちゅぽちゅぽチンポを吸い上げていたミリアが、はっと甘い息を吐いた。
「あぁ……」
そこで、俺はふと思い出した。
このオナホの金を払うときに店員が「これで100回イクと、いいことがある」と言っていたんだ。

100回ザーメン出したかはわからないが、それなりに結構使ってきている。
ということは。
(これが、いいことなのか?)

デカパイを揉みながら、指が無意識に、乳首を擦り上げていたようだ。
「あふっ、ああんっ」
ミリアはうっとり顔を、蕩けさせている。
見れば腰布で覆われた下半身、開いた脚の間には、ぽたぽたと女汁が垂れていた。

そろりと手を伸ばしてみれば、むっちり開いたひだひだのあいだは、ヌレヌレトロトロ。
滑らす指が、うっかりにゅぽりと穴に、入ってしまいそう。
いや、実際に、入ってしまった。

「う、みあああっ!」
子猫のような声を上げて、猫女・ミリアが鳴く。
「みゃ、ああああんっ、すご、あああっ」
俺は、濡れそぼった膣穴を、ぐっしょぐっしょとかき回した。
ミリアの口はもうすっかりお留守で俺のモノを離してしまっている。
でもこの穴に突っ込めるのだと思えば、そんなのは些細なことだ。

「あふうっ、ひくひく、するのおお、う、みゃああっ」
開脚マンコをべとべと濡らし、腰をゆっさゆっさと揺さぶるミリア。
俺はトロマンから指を引き抜くと、巨乳ミリアを押し倒し、膣穴に勃起チンポを突きさした。
「にゃ、ああああんっ!」

ミリアの穴は、俺のチンコをきゅうきゅう締めつけてきた。
「ああ……」
愛用オナホの締めつけを最高だと思っていたが、やっぱり生マンコ、しかも若マンコは違う。
吸いつく肉を割り開くように、俺は極硬ペニスを、奥まで押し込んだ。

「おっ、おおおおっ! 奥、奥ぅっ!」
大きく開いて曲げた足が、ミリアの巨乳を押しつぶしている。
逆に尻は、むっちりとこちらに突きだされた。
そのぽってりした尻を持ち上げ、まんぐり返し。体重をかけて、上から貫く。
「すごいっ、深い、深いのおおおっ」

それまでオナホに群がっていた男達が、はっとしたように振り返った。
犬の人妻・キャスが、頬を赤く染めて、興奮しきった顔で、舌なめずりをしている。
(さっき、フェラを汚いとか言ってたのに)
まるでミリアの痴態に惹きつけられるように、俺に近寄り、隣にしゃがみこんだキャス。

俺は、そのホルスタインのような巨乳の先で、既に勃起している乳首を、ぎゅっとつまみ上げた。
「ふうぅううんっ!」
口を引き結び、キャスが鼻から息を吐く。彼女は、俺の耳もとに唇を寄せた。
「ダメ……夫が、こっちを見てる」

俺は、男達を見た。こちらを睨んでいる犬獣人が夫か。
「でも、もう濡れているじゃないか。あんな小さなチンコより、俺の方が気持ちいいぞ。子種だっていっぱい出る」
俺は、ミリアのマンコに腰をぐいぐい押し付けながら、強気に言ってみた。

「みあああっ、死んじゃう、わたし、死んじゃううううっ、お腹がいっぱいよぉおおっ」
よがり狂うミリアに、キャスは興奮を抑えきれなくなったのだろう。
足を開いて、自分の穴をいじり始めた。

「あふっ、はああっ、すごい、こんなに濡れたことなんてっ、ない、わぁあっ」
感じて腰を揺するたび、ミリアの尻尾がぱふぱふ跳ねる。
それを見た夫が、怒りの形相で、こちらに近づいてきた。
やばいか、と思いきや。彼は巨乳妻を背後から抱きしめるようにして座り、女のデカパイを揉み始めた。

「あっ、ふううっ、だめ、あなたああぁ……」
「こんなに、淫らな顔をしたお前は初めてだ」
赤く染まった頬、うるんだ瞳、妖艶に濡れた唇。
夫獣人が言う通り、キャスはとてもエロい顔をしていた。

でも俺は、そんな彼女を横目に、ミリアのマンコを犯していた。
熟したエロ穴からこぼれた愛汁は、彼女の背中まで流れるほどになっている。
「あふっ、みあっ、いや、みああっ、くるっ、くるっ、あああ、イク、イッちゃううううっ!」
ミリアが叫ぶと同時、俺のチンコを包む粘膜が、きゅうっとしまった。

「ぐっ、ううう」
俺はあっというまに射精した。でも問題はない。
熟女妻、キャスのびしょびしょマンコにも突っ込むのだと思えば、すぐにチンコはむくむくデカくなる。

背をそらして達し、びくんびくんと震えたミリアが、余韻に浸る間に。
俺は彼女の膣穴から勃起したままのチンコを抜き出し、マンコ汁とザーメンにまみれたままのそれを、キャスの前に突きだした。
「お、おう……」
ぎらぎらと目を輝かせ、低く呻いた人妻が、脚をM字に開く。
それを彼女の夫獣人が支えた。

よし、これは旦那からのゴーサイン。そう理解した俺は、キャスに乗りかかるようにして、熟女の濡れマンコに自らのチンコを思い切り、ねじ込んだ。
「ア、ヒィイイイッ!」
夫に寄りかかるようにして、のけ反る人妻。ブルンと揺れるたわわな巨乳。

ぬちぬちと肉を割り開いていく俺の背が、ぞわわと震えあがった。
なんと、キャスの中は、ヒダヒダがいっぱいの名器だったのだ。
「なんだこれっ……! オナホより、全然イイじゃないか。なあ、最高だよあんたの奥さん!」

言えば夫は、わけがわからないと言うように首を傾げた。
そうか、セックスは子作りのときだけ。
しかもミニペニスの旦那じゃ、あの奥までチンコが届かなかったのかもしれない。
「もったいないな……」

俺は呟きながら、奥をこすられ震えるキャスのマンコを、むちゃくちゃに突きまくった。
「うっ、ほおおっ、おおおっ」
犬の遠吠えのごとき声。穴からぬっちぬっちと溢れる女汁。

俺はキャスの巨乳をわしづかみ、指に間に乳首を挟んだ。
そのふくらみを揉みながら、右に左に引っぱると、キャスがきゃんきゃんと吠え始める。
「きゃっ、だめ、夫の前でこんなっ、ふっ、きゃんっ、奥、えぐらないでっ、えええ」

欲しがって、マンコを突きだしてくるくせに、口だけで否定する。
でもその声がそれがまた背徳的で、俺の気持ちはどんどん上がっていった。
しかしそれに反して、彼女の夫はどんどん厳しい顔になっていく。
そのうち彼は、男仲間を呼んでこう言った。
「だめだ、耐えられない、それを貸してくれ」

それとは、すなわち、俺がこの世界に持ち込んだ、愛用オナホである。
耐えられないなら、右手でチンコを擦り上げればいいだけのこと。
でも自慰を知らないワンコロ夫は、それがわからず、オナホを求めたという訳だ。

はあはあと荒い息を吐く夫獣人に、オナホが渡される。
彼は、意識朦朧、ワンワン声を上げて身をよがらせているだけの妻から身を離した。
そして、オナホに、ミニチンコを差し入れ、震える手でスイッチを押す、と。
「ぐ、おおおおおおっ」

男は、犬のくせに、クマのように呻いた。ああ、わかる。吸引されてるんだ。あれはイイ。本当に。

一方、イッた後、ひくついたマンコを晒していた若妻ミリアは、女達の所に戻っていた。
彼女が、仲間に語る声が聞こえてくる。
「あの人は最高よ、ああ、子種でお腹がたぷたぷするわ」

その後、女達が、俺を囲んだ。そろって巨乳、そろって美乳の半裸獣人。
その視線の中心で、俺はアヒイアヒイとアヘ顔晒す、熟女人妻キャスを犯している。

ぬちぬちと絡みつくヒダを亀頭でえぐり、イソギンチャクのような天井をこすると、俺もそろそろ限界だった。
「ああ、出そうだ……」
思わず呟くと、とろけた顔をしていたキャスが一変、目を見開いた。

「や、なか、で、ださない、で! 赤ちゃん、赤ちゃんできちゃううううっ」
だがそう言いながらも、キャスの貪欲欲しがりなアソコは、俺のチンコを思い切り、締め付けてくる。
「くそっ!」

これで我慢するのなんて無理だ。俺は絡みつく肉を中に押し込むようにして、限界の奥を貫いた。
「ア、オオ、オオオッ!」
耳と尻尾をつんと尖らし、人妻が、吠える。

そのギュッと締め付けられる力の中で、俺はついに、ザーメンを放出した。
「ああっ……!で、出た……」
ぬろおり、牝穴からチンポを引っ張り出す。
女房と俺がつながっていた穴のから、ボコボコと漏れた白い液に、旦那は顔をしかめた。

が、奴はもはや、オナホの虜。
ボタンをかちりと押して、機械の動きを変えてやれば。
「ウウッ、ウウウッ、ウオオオッ」
叫んで絶頂、オナホの中に、大事な子種を大放出。
そのまま彼は、ぐったりと地に伏した。

「ああ、夫の子種を見ながら、他の男の子種を受け入れるなんて……。ごめんなさい、あなた……」
ミリアは、ひくひく蠢くマンコから、ザーメンを流しっぱなしで、夫の隣に横になる。
二人を見下ろす俺の周囲で、俺の行為を見守っていた女獣人たちが、声を上げた。

「次は私の番よ」
「私が先よ。ねえ、いいでしょう? 私、二人と違って独身よ。あなたの子を孕みたいの」
兎耳の獣人が、真っ白いむっちり豊乳を押し付けてくる。

元の世界に戻れるのかわからないが、こんなに女に――否、エロ牝に囲まれたのは初めてだ。
――オナホは男たちに譲ることにして、この生活をしばらく楽しもう。
俺は笑顔で、兎獣人の乳に吸い付いた。

 

NLSピストン

NLSピストン

11,800円(税抜)

初心者でも使いやすいピストン型。そこそこの価格で高い快感性能を誇る、コストパフォーマンスの優れた電動オナホです。AC電源式。A10ピストンSAの専用オナホを使い回せます。

詳細を見る
販売サイトへ

チュパリズム

チュパリズム

7,400円(税抜)

振動+バキューム+温感。ギチギチ挿入感と強烈なバキュームによって、搾精力の非常に高い電動オナホです。USB充電式。生活防水仕様で水洗い可能。

詳細を見る
販売サイトへ

激震! オナリズム

激震! オナリズム

3,980円(税抜)

振動型。ドドドドという男性器の芯にまで響く重い振動が魅力の電動オナホ。ローションがなくても使えて、価格も安いなどお手軽さも◎。USB充電式。

詳細を見る
販売サイトへ

エレクトリックディープ ウォリアープラス

エレクトリックディープ ウォリアープラス

4,580円(税抜)

吸引+振動。ディープイラマチオを再現したこだわりのバキュームが◎、振動はちょっとマイルド。電動オナホの中でも格安です。USB充電式。

詳細を見る
販売サイトへ

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)

19,900円(税抜)

回転式。電動オナホの中でも特に人気が高いA10シリーズで、高い品質を誇ります。豊富な機能やアタッチメント。+1D動画。スマホ操作。USB充電式。

詳細を見る
販売サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

年の差と着衣エロ、アダルトグッズを使ったエッチの執筆が好きなライターです。『官能は癒し、官能はドリーム』をモットーに、各所でエッチなお話を書いています。どこかで名前をお見かけの際は、よろしくお願いします。